|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2010/09/03 |     RICADO'S ITALIAN RESTAUTRANT   
今日から1ヵ月半、本土へ出張のB吉君。

フライトは夕方なので、2人でランチを食べに行って来ました。




022s_20100903161144.jpg
パールカイ・ショッピングセンター内にあるイタリアンレストラン『RICADO'S』です。

パールカイSCは、パールリッジSCからカメハメハHwyを挟んだ向かい側にあります。

店内は案外広く、テーブルとテーブルの間もゆったりと取られていて、流れている音楽も控えめでとってもいい感じ。




013_20100903160748.jpg
飾られているワインボトル。

一番右側に置いてあるボトルにびっくり!!
写真左側が普通のボトルサイズですよ。
それに比べて、なんじゃ、このデカさは!




011-012.jpg
まずはパンが出てきました。

このパン、あっつあつ!
クラストはパキッとしていて、クラムはふわんふわんで美味しいったらありません。

あらゆるレストランでお通しに出るパンの中でも、1番ではないかと。




015s_20100903161145.jpg
アベタイザーはカラマリを。

カラマリ(イカ)と言ったらちっちゃなリング状、またはゲソが出てくるのかと思いきや、見た目思いっきり「モッツァレラチーズフライ」ではないですか!

でも、これが非常に美味かった!!
イカが驚くほど柔らかいんです。
こんな柔らかいイカフライ食べたことないよってぐらいに。
添えられてあるソースに入っているハーブが口の中に広がって、鼻から抜ける旨みがなんとも言えません。




017s_20100903161144.jpg
私が頼んだ"シュリンプ・スカンピー&リングイネ"。

パッと見た印象は 「量少なっ!」「平べったっっ!」
もっとこう、美味しそうに、こんもりと山に盛り付けて、お皿もおしゃれな感じにすればいいのに。

と勝手な批評をしつつ一口食べてみると・・・

これが美味しいのですよ。

ガーリッキーなところも、微妙な塩加減も言うことなしなのです。
バターの量もこうギトギトしてなくて丁度いいし、エビもプリップリ!




018s_20100903161144.jpg
B吉君の"なんちゃらペスト"。

これもペストソースが美味しかったです。

私のもB吉君のも、しいて言うならば、もうちょっとアルデンテでも良かったかな。
でもアメリカのパスタにしてみたら、かなりのアルデンテ具合でしたよ。




021s.jpg
料理が運ばれてくるタイミングも絶妙でしたし、サービスもとっても良かったので大満足。

ハワイで食べるイタリアンとしてはお値段もほどほどだし、ここはリピート確実になる予感。


RICADO'S ITALIAN RESTAURANT
98-199 Kamehameha Highway #B6, Aiea, HI
(808)484-0215




003s_20100903160821.jpg
ところで・・・・

世界で一番大好きなダディが、1ヵ月半もいなくなるとは露にも思っていないずえもんさん。

今朝もダディにぴったりくっついてお昼寝中。。。

空港に出発する前に「ママと子供達を守ってくれよ」とずえもんに男同士の約束をしていたB吉君。
名残惜しそうに、ずっと抱きしめていました。




009s_20100903160821.jpg
さて、これは現在のずえもんさんの様子です。

夕方前に出て行ったきり、夜になってもダディが帰ってこないので不安げな表情をしています。

ずえもん、大丈夫かな~。
かなり心配です。

この1ヶ月半、一体ずえもんはどうなっちゃうのでしょうか。


応援クリックの"ポチ"をしていただけると嬉しいです☆

人気ブログランキングへ       にほんブログ村 海外生活ブログへ
スポンサーサイト
 |2009/08/06 |     カウンターの上のプレゼント   
洗濯物をたたみ終わって下に降りてきて、いつものように私の城であるキッチンへ行ったら・・・




005_20090806040426.jpg
ひぃ~っっ! ((( ;゜Д゜)))
な、なに?
なんか変な物体がアイランドの上に!




008_20090806040427.jpg
なんですか~、コレは~?!
普段使いのテーブルマットと、エコバックがひしめいているではないですか!




007_20090806040426.jpg
ジェンガ?
将棋倒し?


恐る恐る1枚~2枚~っと剥がしていくと・・・




009_20090806040427.jpg
更にひぃ~~!! ((( ;゜Д゜)))




010_20090806040427.jpg
こ、これは・・・
もしかして・・・




011_20090806040428.jpg
あ!カードが置いてあります!




012_20090806040812.jpg
To My Beautiful Wifeだって♪ ( ´థ౪థ)




013_20090806040812.jpg
確かに、前から"これいいな~"とは言ってましたけども。
この商品の前を通るたびに、繰り返し"欲しいかも~"とは言ってましたけども。
底なし沼の物欲の中で、これはリストのかなり下だったんですぅ。




014_20090806040812.jpg
ま、まさか、18年目の結婚記念日にプレゼントされるとは?!?!
これで俺をスライスしてくれとでも?

ところで・・・
これをどこに置けと?





7月27日、結婚18年目の記念日のことでした。(19年目に突入です!)



B吉君は、私の反応をワクワクしながら見守っていたので、もちろん笑顔でありがとう♥と言いました。
彼のそういう気持ちはとっても嬉しいですから。
でも私からは、プレゼントなんて用意してなかったんです。
だって、誕生日でもクリスマスでもないのに~。
カードだけで十分なんですけどね。

こうなったら、豚かたまりでも牛かたまりでも持って来~い!!
ペラッペラにスライスしてやるっっ!
一人ベーカリーに加えて、一人ブッチャーCOMING SOON!?
 |2009/03/11 |     ふ~~~っ   
006_20090311163213.jpg

今日(アメリカ時間3月10日)は、B吉君のお誕生日でした。

本人が"バースデイケーキはいらないよ"と言うので、子供達が好きなチョコレートケーキとチーズケーキでお祝いを。

キャンドルが4本ですが、決して34才とか、ましてや24才というわけではありません。

あ、44才でも54才でもないですよ。 

40才というわけでも・・・ しつこいですね。






007_20090311163321.jpg

チョコレートケーキにキャンドルを挿そうとしても、トップのチョコレート部分がカチカチに固くて、貫通出来ず。。。

かと言って、チーズケーキに何本も刺しても、キャンドル同士が近すぎて、炎が大変なことになると判断し、年齢と全く関係ない4本ということに。

ふ~~が出来ればいいんですよ。ふ~~が。


で、あっという間に"ふ~~"をされて、瞬間の写真が間に合わず仕舞いです。

B吉君、出来ればもっと、ブログに理解を示していただけるとありがたい。

とか言って、今日の写真もとんでもなくロークオリティですけど・・・



てなわけで、無事にB吉君、1才年を取りました。


ジャイ子に"ダディは何才になったの?"と聞かれ"21才"と答えたB吉君。
"去年26才だったのに、何で若くなってるの???"とクエスチョンマークいっぱいのジャイ子です。
26才と言ってる時点で、嘘八百!
男子でも、いつまでも若くいたいものなのね~・・・のクリックを!


人気blogランキング 北アメリカ情報へ←人気ブログランキング北アメリカ情報16位にアップ!

にほんブログ村 海外生活ブログアメリカ情報へ←日本ブログ村海外生活アメリカ情報7位

FC2 Blog Ranking アメリカ・カナダ・ハワイ情報へ←FCブログランキング アメリカ・カナダ・ハワイ情報3位/国際結婚情報3位
 |2009/01/09 |     真夜中の密談   
久しぶりに12時間睡眠をむさぼった私ですが、皆様、いかがお過ごしですか?

昨日は1日中眠くて眠くて、夕食の片づけを終えた後、カウチに横たわったが最後。

そのまま果てました・・・

B吉君が何度か起こしてくれたようですが、私、1度寝ちゃうとダメなんですよ。

テコでも動きません。

なので、諦めたB吉君。

まぁ、いつものことです。



何故私が昨日そんなに眠たかったと言いますとですね。

注:長くなりそうな予感・・・


一昨日の夜、Youtubeに見はまって、気付いたら夜中の1時半を過ぎていたんですね。

おぉ、やばいやばい、と思いベッドルームに行ったんです。

顔を洗いに洗面所に向かう途中、ドアの側のフロアに、何か黒い物体が視界の端をかすめたのですが、気にせず洗顔。(マスターベッドルーム内に私と彼のシャワールームがあります)

ベッドに向かう途中もまた、ドアの側の黒い物体は確かに存在していましたが、そのままベッドに入りました。

しばらく本を読んでいましたが(現在は森見登美彦を読んでいます)、次第に、先ほどの黒い物体が気になり始めました。

そこで私はまたベッドから出て、物体が何なのか確認しに行ったのです。

私の読書ランプはキャンドルの明かりか?というぐらい暗いもので、そんな明かりでは、ドア近くのフロアに落ちている物体が何なのか、鳥目の私には確認できません。

そこで、顔を近づけて凝視。

なんだろ?

何か、細長い物体。

全長約20cmぐらいの・・・ 

寝ているB吉君を起こすまいと、洗面所の電気をつけて、また物体に顔を近づけますと・・・・



Centipede!!!


ムカデです!!!


大ムカデですよ!!!



こちらのムカデって、それは頑丈な鎧のような硬い体に黒光りする濃い茶色で、とにかくデカイ。

そんなムカデが、こともあろうに、私とB吉君の神聖なベッドルームのフロアに。

ボトッと。



我が家には、カーペンターアンツもサソリも出現しておりますし、ハワイに来た当事住んでた家では、死んだムカデにも遭遇しているのです。



先ほどは「B吉君を起こさないように」気を遣っていた私ですが、そこでいきなり彼を叩き起こしました。

堕天使のような寝顔でスヤスヤと寝ていたB吉君も飛び起きましたよ。



さて、そこから私と彼の、真夜中の密談が始まったわけです。


どうやって処理するか?


トイレットペーパーで軽く掴んでトイレに流せば? という私の案に、彼は「やつらを甘く見てはいけない。やつらはトイレットペーパーぐらい、簡単に突き刺せる程の強力な顎肢を持ち合わせているのだ。」と却下されました。

じっと動かない大ムカデに視線を落とし、「処分の方法はたった1つ。やつを確実に殺るしかない。」と、私に「ナイフが必要だ。」と迫るゴルゴB吉。

愛用のカッターナイフを彼に差し出し、「お願いだから、一発で仕留めてよ。逃げられて行方知れずになったら、絶対に今夜眠れないから。」と懇願しました。


さて、私のカッターナイフを片手に、右から攻めるか左から攻めるか、と空中でシミュレーションしている彼を横目に、私は「カーペットが汚れるの嫌だなぁ・・・」と思っていました。


♪ピンッ♪ ヒラメキ


そうだ!!

確実にこいつを追い出せばいいわけでしょ?

頭と胴体をまっぷたつにしなくてもいい方法がある!!


洗面所に行き、私の歯磨きガラガラペッ用のプラスティックカップを取ってきました。


「これでさ。こいつをこの中に閉じ込めてさ。やっぱりトイレに流せばいいよ。」


尚もじっと動かない大ムカデを目の前に、私は又々「トイレにフラッシュ作戦」を持ち出します。


「だってさ。ムカデって体相当硬いよ。もし上手くぶつ切りに出来なくて、逃げられたりしたらそれこそ大変だよ。ここはこのカップを使ってさ。あとは何か蓋になるようなものさえあれば・・・」

とそこに、ちょうどいいものが。

まるで学生時代に使ったプラスティックの下敷きのような素材のゴミが!!


さぁ。

B吉君、ガラガラペッカップとプラスティックゴミを持ち、慎重にムカデに近づき、、、、


カパッ。


大ムカデはじたばたせず、むしろすでに諦めていた様子。

見事にカップの中にムカデを閉じ込め、腰も引き気味にトイレに直行したB吉君。


「べ、便座!! 便座上げてよ!!」かすかに彼の声もひきつり気味です。


ジャーーーーー

ジャーーーーー

ジャーーーーー

ジャーーーーー

ジャーーーーー

ジャーーーーー


資源の限られている地球には大変申し訳ありませんが、しつこいぐらい何度も流させていただきました。



しかし、よく「ムカデは対で行動する」と耳にしませんか?

どこかでそんなことを聞いたことがある私、B吉君にその言い伝えを告げますと、懐中電灯片手に、ベッドルームを隅から隅まで、ベッドの中も下も、テレビの後ろ、クローゼットの中、もうありとあらゆる場所をチェックし始めました。

それだけでは不安で、長女の部屋も、次女の部屋も、寝ている彼女達のシーツを持ち上げ、あちらこちらと確認しています。

しかしながら、2匹目の姿は発見できませんでした。


ジャーーーー。 (まだ流してる私)


不安な思いを胸にベッドに戻った私達。

私は本の続きを読みながらも、ベッドから部屋のあちこちを確認。

B吉君は10分おきぐらいに、ブランケットをガバッとめくり、自分の寝ている周辺をキョロキョロ。

もう完全に2人はムカデの亡霊に取り付かれていました。


そんなわけで、完全に寝付いたのが、うーん。最後に時計を見たのは3時ごろですかね。

B吉君なんて5時起きですので、あまり寝ないまま仕事に行ったのですね。



さて翌日の朝。つまり昨日の朝です。



目を覚ますと、B吉君が仕事のエクササイズを終えて、めずらしく家にシャワーを浴びに戻っていました。


ガレージが開く音で、ジャイ子も起きたようです。



「あのね。昨日、長女がね。ダディにいたずらしたんだよ。」←長女を陥れようとするいつものジャイ子の告げ口

「いたずら? 何のいたずらだ?」

「ダディのお仕事のTシャツの上にね。フェイクのcentipedeを置いたんだよ。」

「・・・・・ なにっ??? 今、何て言ったんだ?!?!?!」

「だからね。長女がダディのTシャツの上にね。お友達からもらったプラスティックのcentipedeをね。」

「なんだって~~~~~~~?????」



後から起きて来た長女に、真夜中に起きた出来事を伝えましたところ、涙を流して大笑いしておりました。


そうなんです。

私とB吉君が真剣に取り組んだ大ムカデ。

何度も何度も水を無駄にして流した大ムカデ。

その後、部屋の隅々まで確認した挙句、ベッドの中でも、足元にいるような気がして眠れなかった大ムカデ。

その全てが・・・・ 結局は・・・・ プラスティックだったとは・・・



どうりで、じっと動かなかったはずですよ、あのムカデ。

それなのに・・・

私と彼は、一生懸命、処分方法を話し合い、私なんて、心臓が口から飛び出そうなほどドキドキしていたのに・・・

しかも真夜中に・・・

彼なんて、おかげで睡眠時間数時間だったのに・・・



B吉君を驚かそうと、彼のTシャツの上にニセモノムカデを置いた長女ですが、彼がそれに気付かず、そのTシャツをドアの側にある鏡台の上に場所を移動したんですね。

その際に、そのムカデがフロアに落ちたのでしょう。



なんともマヌケすぎます。

想像してみて下さい。

私達2人の全ての行動、実はプラスティックのおもちゃのニセモノムカデ相手だったんですよ。

いい大人が~。

真夜中に、おもちゃのムカデ相手に何してる~~~・・・


逆にB吉君の案を採用して、あの場でカッターナイフで真っ二つに切っていたならば、その時点でにせものだってことが発覚したのかもしれません。


フェイク相手に悪戦苦闘したのが分かった彼、頭から湯気が出ていました。

おでこには血管浮いてましたし。



そんなわけで、睡眠不足が祟って、昨日1日眠かったわけです。


それにしても、見事なまでに本物と見分けがつかないニセモノムカデでした。

皆様にもお見せしたいのですが、何しろ、トイレに流してしまったものでね。。。

ちなみに、私のガラガラペッカップは、ムカデをトイレに流した後、ゴミ箱行きでした。

ニセモノと分かったあとでも、ゴミ箱から拾う気にはなりません。

腹の虫が収まらないB吉君、復習の鬼に化しています。
たかが子供の悪戯じゃないか、という私の意見も聞かず、アレコレと策を練っています。
リベンジは止めてね~!のクリックを。


人気blogランキング 北アメリカ情報へ←人気ブログランキング北アメリカ情報24位です

にほんブログ村 海外生活ブログアメリカ情報へ←日本ブログ村海外生活アメリカ情報ビックリの4位です!

FC2 Blog Ranking アメリカ・カナダ・ハワイ情報へ←FCブログランキング アメリカ・カナダ・ハワイ情報4位/国際結婚情報2位


簡潔なブログを目指しているのに、自分達のお間抜けぶりが可笑しくて、語り継ぎたいがために長文になってしまいました。

最後まで読んで下さってありがとうございます。


お口直しにこれまた車内からの1枚を。

014 edit
 |2008/10/17 |     武将の亡霊出現か?   
昨日の記事で、 いかに私の脳が、未来の状況を予知できない不憫な物体であるのかがお分かりかと思います。

案外、その場その場の思いつき、欲望だけで生きてます。(案外、ではないですね。案の定、ですね。)


幼少の頃から、母や祖母に「口の中の傷はすぐ治る」と聞かされていた通り、私の歯茎は順調に回復に向かっております。
現在の歯茎状況は、「長時間水に浸かりすぎた結果ふやけてしまった皮膚」に非常に似ています。




そんな私の夫・B吉君は、今日から10日間仕事で家を留守にします。
そして、そのための準備をリビングルームでしていた彼。

もう子供達もベッドに入っているし、彼は大人しく荷造り。
私はそんな彼には見向きもせず、コンピューターに向かって、ひたすらリサーチをしていました。

実はこの時、ちょっとしたことで私は彼に腹を立てていました。
なので、彼のしていることには「無関心~~」という態度を崩さなかったわけです。
一昨日の夜のことです。

私のコンピューターはリビングルームの空間の左端に位置しています。
そして、コンピューターの椅子のすぐ脇には、リクライナーチェアーが大きな存在感を誇らしげに示しています。

従って、私がコンピューターに向かいながら右側(カウチやテレビがある方向)を向いても、私の視野には、そのデカいリクライナーのみしか入ってきません。



しばらくすると、「じゃぁ、僕もう寝るね。」と言って、荷造りが終わったB吉君は寂しげにベッドに行ってしまいました。


その後、1時間ぐらいして、「さて、私もそろそろベッドに行こうかね。」と椅子から立ち上がり、階段がある方へ体を向けたその時です。








!!!!!!!!!!!!!!!!!!はっ!!!!!!!!!!!!!!!!!!







私はその場で息を呑み、目は見開き、瞳孔も開放最大のまま凍りついてしまいしました。

























見てる。

私を凝視してる。







戦国時代の将軍が、兜の奥から、するどい眼光で私を睨み付けている。





もはや私は、蛇に睨まれた蛙。














心拍数は300を記録していたかと思われます。











ゆ、ゆ、ゆ、ゆ、、、、幽霊、、、、か?















び、び、び、びっくりしたぁー。

これは先ほどB吉が荷造りしていた彼の10日間お泊りセットではないですか。


005_20081017154034.jpg







てっきり、ついに私も戦国時代の武将の亡霊に出くわしたかと思いました。


【Shop.Gakken】国宝「竹雀虎金物鎧兜」武将達の鎧兜を細部にこだわって1/4スケールで、モデル化 源義経が春日大社に奉納したといわれている鎧兜です。


<イメージ>
ちなみに、この画像はここからお借りしました。









そんなぁ、それはネタでしょう。と思うかもしれませんが、本当にその時はそう見えたのです。


私は薄暗い部屋が好きなので(暗ければ暗いほどいい)、リビングルームの間接照明のみをつけていて、しかも誰も見てないテレビがついているのも嫌いなので、B吉君が寝るときに消していきました。

写真では分かりづらいと思いますが、この時は部屋の中、いえ、家の中全体が静寂につつまれていて、しかもほんのり程度の明かりしかついてなかったのです。




002_20081017154055.jpg





ちかくに寄って見れば見るほど、戦国時代の武将とはかけ離れているのですけどね。

でも、予備知識なしで、暗い部屋でこれと遭遇したら、10人中8人は瞬間的に「ひぃっっ」となると思うんですが、どうでしょうか?





008_20081017154105.jpg





でもこうして見てみると、何故か銀河鉄道999の車掌が頭によぎってしまいました。(顔部分が黒いからという理由だけ)



それにしてもB吉君。

見事なパッキング術。

ご丁寧にも、バックパックの上に何かのキットを乗せ(これはキャメルバッグか何かかな)、その上にハットまで被せるとは!!



彼に対する私の態度への抗議か、はたまた復讐か。
これで私のド肝を抜こうって魂胆だったわけだな。(そんなことは微塵にも思っていないB吉君)



敵ながらアッパレじゃ。(いや、敵ではない)

(私が腹を立てていたことに関しては、翌朝解決済みの一件落着です。)





009_20081017154113.jpg


ただ、やはり佇まいが人間っぽいというか、「何かがある」のはなく「何かがいる」という感じで、不気味この上ないんですけど。

今朝早くに出発したB吉君。この不気味な荷物もリビングルームから消えてます。

人気blogランキング   →にほんブログ村 海外生活ブログアメリカ情報へ   →FC2 Blog Ranking
夜遅く一人恐怖におののいていた私に「ヤレヤレ・・・」のポチを。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。