|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2012/12/01 |     ダートシャツ   
ハワイに越してくる前。
日本の職場で、以前ハワイに住んでいた子達にハワイ情報を色々聞いていました。

夏より冬派。憧れるのは銀世界、の私ですから、旅行でもハワイには来たことがなかったのです。

そのお役立ち情報の中でも最も印象的だったのは赤土情報。
「子供の靴なんて白買ったらダメよ。赤土で汚れるし、しかも赤土はなかなか落ちないからね〜」というもの。
その頃ジャイ子は小学3年生で、いつも外で遊んでいるジャイアン盛り。

あれから5年と9ヶ月が経ち、9年生になったジャイ子ですが、未だにジャイ子には白い靴は買い与えません。

いや〜、ハワイの赤土伝説はウソじゃなかったです。
靴どころか、白い靴下も1日で赤茶になりますからね。
だってスクールのグランドも当たり前のように赤土ですから。
そして伝説通り、普通に洗っても落ちません。
しかもアメリカのブリーチ剤が赤土には効きません。
本当に侮れませんよ、赤土。



DSC_4029.jpg

ということで、その赤土でTシャツを染めちゃったのがこれらです。
今更説明するまでもない、お馴染みのレッド・ダート・シャツですね。
カウアイ・コーヒー・カンパニーを後にしてダートシャツ巡りに。
特にカウアイでしか買えないということはなく、オアフにもビッグアイランドにもあります。
他のハワイ諸島は行ったことがないから分かりませんが、観光地ならあるんじゃないでしょうか?



DSC_4032.jpg

但し、レッドダートシャツの由来がカウアイ島に関係しています。

なんでも、カウアイ島のTシャツ倉庫に大雨によって土が流れ込み、シャツが赤茶色に染まってしまい大変なことに。
本来ならば処分すべきこれらのTシャツをレッド・ダート・シャツとして売ってみたところ大当たり。

なのでカウアイ島はレッド・ダート・シャツ発祥の地なのですね。



DSC_4030.jpg

さすがニワトリ天国カウアイ島。
シャツのデザインにもニワトリが登場しております。



DSC_4031.jpg

赤土染めのみならず、こちらは溶岩染め、Lava Dirt(ラヴァ・ダート)です。
右側の青いのはLava Blue(ラヴァ・ブルー)。これも溶岩から染めています。

ダートシャツのお店はたくさんあるのですが、どこを見ても大体同じような感じでしょうか。
なのでどのお店で買うかは、自分が気に入ったデザインがあるかないか、そこが決め所でしょうかね。



DSC_4035.jpg

我が家も何件かのお店を周り、最終的にB吉君が数枚購入したのがこちらのショップでした。
自分用はもちろんのこと、親友にもちゃんと選んでいるあたりブロマンスを感じます。



DSC_4034.jpg

お店のロゴが見切れちゃってますが、Real Dirt Kauai というお店です。
ダートシャツ発祥の地らしく、カウアイ島にはたくさんのダートシャツのショップがありますので、皆様もお好みのショップを探してみて下さいね。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

スポンサーサイト
 |2012/11/29 |     カウアイ・コーヒー・カンパニー   
さぁ、勇気を出してカウアイ島旅行の続きに挑みましょうかね。



DSC_4024.jpg

中途半端に終わったワイメアキャニオンのあとは東へ進み、カラヘオにあるカウアイ・コーヒー・カンパニーへ。
なんとこちらはアメリカのコーヒー農場の中で最大の広さなんだとか。
それに伴って収穫高もアメリカ1なんですって。
へ〜、なんだか意外〜。



DSC_3968.jpg

車を停めたらまずはギフトショップへ。
元はサトウキビ農園だった農家の家を改造したんだとか。



DSC_3971.jpg

中はもちろんこちらで収穫された様々なコーヒー豆が。
自他ともに認めるコーヒーホリックな私。
家ではいつもPeets CoffeeのMajor Dickason's Blendを半端なく濃く入れて飲んでいます。



DSC_3970.jpg

コーヒー豆にフレーバーがついてるのも人気ですよね。
こういうものはジャケ買いをしてしまうと失敗しがち。
まぁ、コーヒー等をジャケ買いする人もいないとは思いますが。
きちんと試飲して確認してからね。



DSC_3976.jpg

出荷時にコーヒー豆を入れるこの袋も可愛い。



DSC_3980.jpg

店内では額に入れて飾ってあったりしました。
お土産にもいいかも?



DSC_3981.jpg

キャラクターのTシャツも置いています。
このおじさんだかおばさんだかよく分からないキャラクター。
よく見ると腕に mom とタトゥーがあります。
ってことはママを愛する息子ってことで男子と認定。



DSC_3979.jpg

というか、Big BraddahとはBig Brotherのことですからね。
大きく書いてあるじゃん!と自分につっこみ。
コーヒーカップを持つ手、小指が立っています。



DSC_3975.jpg

キャンディみたいなコーヒースクープ。
私はこれを数個購入。



DSC_3985.jpg

このギフトショップの中はコーヒーミュージアムにもなっていて、こんな大きなコーヒーミルがあったり、



DSC_3994.jpg

ローストするマシーン等があり、ガラス越しに見えるロースティング・ルームがあったりして楽しめます。



DSC_3996.jpg

ギフトショップを抜けるとそこは試飲コーナー。
かなりの種類のポットがありましたよ。
私達もここで数種類飲んでみて、気に入ったのを2種類購入。



DSC_3983.jpg

ティーパーティーならぬ、コーヒーパーティーみたくなっちゃってるご家族もいたりして、人間ウォッチングも多いに楽しませていただきました。



DSC_3984.jpg

コーヒーの試飲に飽きたら、こちらで他のドリンクをオーダーすることも出来ます。
でも皆さん試飲に夢中で、こちらで飲み物を買っている方はいませんでした。
ただ、ここでマフィンを買って、試飲のコーヒーでスナックタイムされている方はいましたけど。



DSC_4000.jpg

楽しい試飲コーナーの脇からはコーヒー農場へ行くことができます。
Self Guided Tourなので各自のペースで見学できます。



DSC_3997a.jpg

一面に広がるコーヒーの木。
そしてその向こうには海が見えます。



DSC_4003.jpg

サイドウォークにはこんなアート。



DSC_4010.jpg

ウォーキング・ツアーのコースには要所要所でこのようにコーヒーの収穫に使用される機械や施設が展示してあります。
これは実を収穫する機械。



DSC_4017.jpg

たわわに実っているコーヒーの実。



DSC_4002.jpg

サイドウォークに沿って歩いて数百メートルの短いルートですのでお散歩感覚。
陽射しは暑かったですけど、とても気持ちが良かったです。

カウアイコーヒーをたっぷり堪能した私達。
自分用のコーヒーもたくさん買って満足でした。


応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
 |2012/11/10 |     ワイメア・キャニオンを目指したつもり   
そろそろカウアイ島紀行の続きを書かないと2012年が終わってしまいそうなので、現実逃避はこのくらいにして本腰を入れて進めたいと思います。

アンティ・リリコイショップとキャプテン・クックに別れを告げて車を走らせます。
目指すは「太平洋のグランドキャニオン」と呼ばれるワイメアキャニオン。
ワイメアキャニオンドライブをひたすらのぼって行きます。



DSC_3918_20121031142837.jpg

写真の真ん中をうねっているのがワイメアリバー。
この谷底との行程差は最大1000メートルにも及ぶそうで、高所恐怖症の私はずっと下半身がふわふわしておりました。



DSC_3934.jpg

写真ではよく分かりづらいと思いますけども、私が立っている場所の先は崖。
写真手前に茶色い岩らしきものが写っていますが、その先は真っ逆さまに崖なんです。
でもまだまだここは山の中腹。
なのにすでにこの高さ。
もうダメ。ここでギリ。これ以上先には進めません。



DSC_3935.jpg

ワイメアキャニオンドライブを走っていると、道はそのままコケエロードへ。
すると路肩にたくさん車が停まって、たくさんの人でワヤワヤしている場所がありました。



DSC_3936.jpg

むき出しになった赤土エリア。



DSC_3941.jpg

そして流れ込む水。
ちょっとした滝になっていて皆さん写真を撮っていました。



DSC_3955.jpg

これが結構な勢いで流れていて、小さいのに中々の迫力。



DSC_3962.jpg

赤土エリアを脱出してコケエロードを更に上へ。
途中途中にルックアウト的なポイントがあるのですが、非常に滑りやすい乾燥した土の上を歩いていくとそこはまた断岸なわけです。



DSC_3964.jpg

赤土が見えてるその先は断岸。
景色を楽しむどころの騒ぎじゃありません。
私は足がひるんで先に進めなかったのでB吉君にカメラを託しました。
というか、ワイメアキャニオンの正式な展望台ってまだまだ先なんですね。
私達はまだ、その展望台があるワイメアキャニオン州立公園に辿り着いてないわけなのです。


DSC_3960.jpg


ワイメアキャニオンにはカララウ展望台、プ・オ・キラ展望台、プウヒナヒナ展望台、ワイメアキャニオン展望台と4つの展望台があり、そのどれからもそれぞれ素晴らしい景色を見ることが出来ます。

が、私達はそのどれにも行ってません。
ははは。下調べなしってこういうこと〜〜。


州立公園には行ったんですけどね。
何故かその時点で「別にいっか。」と思って引き返し、そのままコケエロードを下って来た私達なのでした。
今考えても不思議です。きっと狐につままれていたのでしょう。

なんだか中途半端なワイメアキャニオン見学でしたので、次回カウアイ島へ行った暁には空港から直行してやる!と誓った私なのでした。
ということで私達の結婚20周年・行き当たりばったりの旅は続きます。
こんな私達ですが、よろしくお付き合い下さい。

それから、ちょっと気付いちゃったのですが、カウアイ島に3泊したと思い込んでいた私。
よくよく思い直してみたら2泊でした。(最初は3泊の予定を2泊に修正したことをすっかり忘れていた模様)
確認のため撮った写真のデータを見てみたらやっぱり2泊3日。
すでに記憶障害が激しく現れております。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
 |2012/10/30 |     アンティ・リリコイとクック船長の街 ワイメア   

ボヤ〜っとしてるうちに10月も終わろうとしています。

私はと申しますと、土曜日の津波警報発令により子供達を連れて山の上に避難。
いやいや、我が家は避難をしなければならない地区ではないのですけれども、家で不安な夜を過ごすよりは山の上で安心していたいと思いまして、子供達、家にお泊りに来てた次女の友達2人、そして犬を連れて避難をしていた訳です。

実は今、我が家のHULKであるB吉君が不在なのですね。なので全ては私の手にかかっているのです。

ようやく避難警報も解かれまして家に帰ろうとしたのですが、エンジンがかからない!!
なんと!車のバッテリーがあがってしまったようなのです。ラジオとかちょっとしかつけてないのに。。。
夜中なのにお友達に避難先の山まで来てもらい、ジャンプしていただき家に帰ってきましたよ。
その節はお世話になりました。

翌日は日曜日のためリペアショップはお休み。
昨日の月曜の朝6時半のオープンと同時にリペアショップに行こうと、ガレージに行ってエンジンをかけてみると。。。OMG! かかりません。

車の保険にエマージェンシー・ロード・サービスというオプションを付けていたため、保険会社に電話をかけてけん引トラックをリクエスト。
無事にリペアショップまでけん引してもらったという武勇伝をここに記しておきたいと思います。

車も昨日のうちにバッテリー交換をしていただき、元気になって戻って参りました。
めでたしめでたし。

ということで長い前置きはこのくらいにして、いい加減カウアイ島紀行を進めたいと思います。



DSC_3909.jpg

カウアイ島2日目の朝ご飯のあとは、車をそのまま西へ走らせワイメアへ。
この辺りに車を停めます。




DSC_3907.jpg

訪れたのはこちら。
リリコイラバーの私はアンティ・リリコイのジャムやシロップが大好きなんです。(参照記事)
せっかくカウアイ島に来たのだから、実際にアンティ・リリコイのお店に行ってアンティに会ってみたいじゃないですか。



DSC_3895.jpg

これだけ見るとジャムのお店という感じはしないですよね。
しかも人いないし。
アンティはどこ?

と言ってもアンティ・リリコイのオーナーはLori Cardenasという名前があるのですけどね。
しかもアンティ・リリコイという会社はもともとは違う方が始められ、ローリーさんが会社を買って今のように大きくしたのだとか。
まぁそんな裏話はどうでもいいのです。

しばらくすると奥から一人の若い女性が出てきました。
話を聞くと彼女はアンティ・リリコイ、じゃなくってローリーさんの姪っ子さん。
ローリーさんはこの日は用事があって店にはいらっしゃいませんでした。



DSC_3896.jpg

もっと店内にずら〜〜っと商品一覧が置いてあるのかと思ったのですが意外とこじんまりと控えめにありました。
どちらかと言うとオンラインでの販売や、カウアイ島外のショップへ卸しているからでしょうか。



DSC_3897.jpg

でもこの艶々のボトルやジャー達を見ていると「ここからここまで下さい」と言いたくなってしまいます。
パッションフルーツ(リリコイ)パラダイス!
幸せ気分いっぱいでした。



DSC_3899.jpg

これらのシロップやジャムは料理に使っても素晴らしい隠し味になるのですよ。
私はよく、ハンバーグのソースを作る時にソースの材料と一緒にジャムまたはシロップを入れて煮詰めます。
すると奥行きのある深い味に仕上がるのです。



DSC_3902.jpg

甘み系だけではなくスパイスも様々な種類がありました。
写真ではよく分からないと思いますが、ブラックラヴァとか、パイナップルなんとかとか、グアバなんとかとかね。
自分の写真ながら私にも読めません。



DSC_3904.jpg


一押しのパッションフルーツ・ワサビマスタード。
こちらの製品はカリフォルニア州のナパで開催される、その名も「世界マスタードコンテスト」でグランドチャンピオン を獲得したんです。
フルーティな香り、なのにほんのりワサビ。
これ、大げさじゃなく絶品ですよ。



DSC_3905.jpg

ここで会社の女子達にお土産を購入。
我が家用にも数個買ったりして鼻の穴を膨らませながら店を出ました。

Aunty Lilikoi
9875 Waimea Road, Waimea, Kauai, Hawaii 96796
(808)338-1296
866-LILIKOI (545-4564) (toll free)



DSC_3894.jpg

お店の前には小さな公園があり、そちらにはあの有名な彼の銅像が。
ハワイと言えば。。。キャプテン・クックですよね。
キャプテン・クックが1778年1月に初めてハワイに上陸したのが、ここカウアイ島のワイメアなんだそうです。
当時は帆船で航海をしていたので、それを見た現地の人々は彼らが信仰する神「ロノ」の再来と信じてクック一同を大歓迎したと言われています。



DSC_3887.jpg

動かないキャプテン・クックのお隣に、動き回って色々ポーズをとっているキャプテン・クックが。
かなりおじいちゃんみたいだけど、キャプテン・クックってimmortal?



DSC_3910.jpg

この時期(2/18〜2/25)は丁度、第35回ワイメアタウン・セレブレーションウィークだったのですが、その一環の催しだったのでしょうかね。
マイクで何かしゃべっておられますが、何しろ置いてあるスピーカーが小さいため聞き取れません。
私はともかく、B吉君でさえクック船長が何をおっしゃってたのか理解できなかったほどです。



DSC_3912.jpg

そしてまた車は西を目指すのでした。
まだまだ序の口。このあともカウアイ島紀行続きます。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
 |2012/10/19 |     GRINDS CAFE    

うーん。中々カウアイ島の記事が進みませんよ。
完全に飽きてるだろうって感じがバレバレですね。
だって、写真が多すぎなんですもの。
でも夫婦の思い出のためと記録のためにめげずに頑張ります。



DSC_3882.jpg

さてカウアイ島2日目の朝を迎えました。
って、まだ2日目。。。
確かカウアイ島には3泊してますからまだまだ先は長いです。
やってきたのは、前日の夕方にドライブした時に目を付けておいたこちらのカフェ。
ホテルがあるポイプの街から西へ進み、Eleele(エレエレ)という街の一角にあるグラインズカフェです。



DSC_3857.jpg

記録を見ると、上の写真を撮ったのが日曜日の朝9時50分。
店内は8割型埋まっていました。
客層は90%がロコ、残り10%がメインランドからのツーリストといった感じ。
いや、メインランドからかどうかは知りませんけどもなんとなくそんな雰囲気でした。

取りあえずコーヒーを頼んでからゆっくりとメニューを吟味。



DSC_3861.jpg

店内の奥にはボリュームたっぷりのペイストリーがありました。
私達夫婦は甘党ですから、見た目激甘〜なものでも食べれちゃいます。
でもペイストリーではなく普通のブレックファストをオーダーしました。
ガッツリいきたかったんですもの。



DSC_3867.jpg

こちらB吉君がオーダーしたGrinds Hash(グラインズハッシュ)。
2個のエッグはサニーサイドアップに。
その下はお手製のハッシュ、イモ料理ですね。



DSC_3873.jpg

炭水化物ラバーの私はフレンチトースト。
これ、写真だと3つに見えますけど、実際は4枚あります。
見事なサイズ。



DSC_3876.jpg

バターを乗せて、粉砂糖たっぷりの上に更にシロップ。
これ一皿で成人女性が1日に必要なカロリーを余裕で上回っているんじゃないでしょうか。
でもそんなことは考えないで完食です。



DSC_3880.jpg

あまりにお腹がすいていたのか、店内の写真を撮ってませんでした。
まぁでも普通のダイナーという感じの雰囲気。
サーバーの方達は皆とても元気が良くて、コーヒーも飲み干す前にどんどんついでくれます。
結構お腹ちゃぷんちゃぷんになりました。

GRINDS CAFE
4469 Waialo Road, Eleele, HI
(808) 335-6027
5:30am - 9pm

さて、お腹も満たされたのでアクティブに島内を走り回ります。
ということでまだまだ続くのでした。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。