|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2007/02/24 |     てんやわんやの引っ越し準備   

ついにお引っ越し前日となってしまっている。

今日は、明日の引っ越しに必要な物の買い出しに精を出した。

まずは昨日から頭を悩ましている掃除機。

ネットで検索した結果、最近アメリカでも日本式の形-Canister-がたくさん発売されていることを発見。しかも、Sanyoもある。これは日本のSanyo掃除機と全く同じ物であった。

でも、あの広い家を、この小さいSanyoで掃除しても、ゴミフィルターがすぐ一杯になって、ちょこちょこ空にしないといけないのではないか、という不安が発生。それはとても面倒だ。

夜中までかかって、色々な掃除機を検索した結果、万票一致で、やはりアメリカのUpright型にしようということになった。(万票一致って、私1人だが。。。)

そして今日、家族を引き連れBest Buyへと掃除機目指して車を走らせる。

1時間以上も、ディスプレイしてある掃除機という掃除機を床に降ろし、そこら中を掃除して回る妙な東洋人。(←俺のこと)

一通りお掃除しまくり、Infinityというメーカーの掃除機を購入することにした。

ダイソンは5種類ぐらい展示してあって、その吸引力はさすがである。

しかし、やはりただでさえ引っ越しに色々と出費がかさむのに、$600以上なんて払ってられないだろう。。。

掃除機が決定したら、あとはシャワーカーテンやお掃除アイテム、トイレットペーバー等などの、取り合えず必要な物の購入。これが何だかんだと買っていたら、最終的にビックリするような額になる。

これだから、いつまでたっても「引越し貧乏」なのだよ。

数時間だけ新しい家の鍵を借り、買った掃除機を持ち込み早速お掃除。

と言っても数時間前に、最終クリーニングに入ってくれていて、全然汚れてなかったので、新品の掃除機の威力が試せず少しがっかりだった。

フロアもモップしようと思っていたが、「どうせ、引っ越し屋は靴を脱いでくれないよ。」というB吉の言葉。

そうだった。アメリカって、特に引っ越し屋とか何か大きい家具等の配達の人達って「靴を脱いで下さい」と言っても「ポリシーでそれは出来ない。」と必ず言っていた。

何でも、靴を脱いでいて、もし足に怪我をしたらいけないからだそう。

この島の引っ越し屋もそうなのだろうか・・・

なので、せっかくキレイにしても、また土足でドカドカ家に上がって汚されてもバカらしいので、モップは我慢した。


明日はいよいよ、私の大嫌いなアンパックが待ち受けている。

B吉からすでに「現実逃避禁止令」が出てしまった。

何でもB吉曰く、毎回引っ越しの度に、私は高々と積み上げられた箱の片隅に座り、オーラを消して、ただただ気力なく座っているだけだそうだ。そして、15分に1回は「一服!」と言い、外に逃げるらしい。トイレに行ってるか、一服してるか、ボーッとしてるか、のどれかだそうだ。

ほっとけ・・・

でも、全くもってB吉の言うとおりなのである。

とにかく家の中にところ狭しと積み上げられた箱を見つめていると、途方もなくなり、どーしていいか分からなくなるのだ。

いや、ただひたすらアンパックすればいいのだけど、どこから手をつけていいのやら、No Idea!!!になってしまう。

毎回引っ越しごとに荷物は増える。

そして、毎回引っ越しごとに、私は年をとっている。。。

もう、以前のように、エナジーみなぎる20代ではないのだから、もうここいらで勘弁してくだせぇ!!



来週の火曜まで、テレビのケーブルとインターネットがつかないので、ご近所のワイヤレスのシグナルを盗めない限りは、しばらくはネットはお休み、ということでご了承いただきたい。
スポンサーサイト
 |2007/02/23 |     掃除機に頭を悩ます   
さてさて。

ついに引越しの日が決定!!!

11月末にとっとと送ってしまっていた私達の荷物は、とっくにこちらに着いていたので、さっそくあさってに配達をスケジュールした。

ホテル暮らしも、日本から数えて6日目ともなると、皆ストレスでイライラしだして、どーもいけない。

特に子供達は、スクールにも行ってないし、不自由な暮らしに機嫌が悪く、普段にも増して喧嘩が耐えない。

キーキーキーキー、サル山のごとく目が合っただけで因縁をつけてる始末・・・

その暮らしも、あさってには解放されるのだ。


引越しにあたり、皆様もお分かりだと思うが、細々したものを新しい家のために買わないといけない。

日本で使っていた日本の掃除機も、もうぶっ壊れていたので、捨ててきた。よって、まず、掃除機を購入しないと。

アメリカの掃除機って何しろでかくて重い。

以前アメリカに住んでいた時は普通に使っていたのに、日本で6年半暮らして、日本のコンパクトで持ち運びらくらくの掃除機に慣れてしまうと、アメリカの掃除機が化け物のように見えてしまう。

しかも、ちょっといいのを買おうとすると、$300以上してしまう。

日本で使っていたものは、5万円弱のものだったけど、$300も出して、持ち運びに不便なエクササイズマシンのような掃除機なんて買いたくない。

すると、$89.99の掃除機が目に入った。

これは、アメリカで主流の縦型ではなく、日本で主流のものと同じ形。

けど、やっぱり日本の物よりも3周りぐらいでかいし、なんか「ジュラ紀?」って思うぐらいの古~い形。

掃除機なんて、ゴミを吸えばいいんだよ、とは思っていても、あまりに安すぎても不安だし。。。

引越しが明後日なので明日中には買わないといけないんだけど。。。

あぁ、日本でダイソン買ってくればよかった。

8万円以上するけどね、最新型は・・・

アメリカにもダイソンはあるが、日本のものとはやはり形が違くて、やっぱり縦型。

ゴツゴツとでかく「工事現場のパイプ?」って感じがする。

広いスペースを毎日(?)掃除するには、やはり持ち運びに便利でなくてはならないだろう。

掃除機自体が、下手すりゃ私の体重より重いかもしれないなんて、どーやって掃除すりゃいいんだ?って話である。

掃除機選び。。。

中々あなどれないものである。


引越しするのはいいのだが、またあの膨大な荷物のアンパックが待ち受けてると思うと、思わず「別に来週でもいいんじゃない?」とB吉に言ってしまった。

得意の現実逃避である。

しかぁし!!!

B吉はさっさと引越しを済まし落ち着きたいと思っているので、そんな私の発言も秒殺却下・・・・

そりゃそうだ。。。

引越しのたびに思うこと。

「あぁ、ドラえもんのスモールライトがあったらなぁ。」
 |2007/02/22 |     オプションには要注意!!!   
今日は念願だった車のピックアップ。

半年以上前に日本からカスタムオーダーしておいたもの。

新車で3年ローン!! うぅ。。きつぃ。。

今まで借りていたレンタカーを空港まで返しに行き、シータクでカーディーラーまで直行する。

車の引き渡し担当のトニーという人に、この島に着いた日に20日の午前中に車を引き取りに行くから、ということを伝えておいたのに、トニーはいなかった。

そして、トニー以外、誰も私達の車のことを知らないので、引き渡しが出来ないと言う。

誰に聞いても「I don't know how to take care of it.」と言い、誰1人としてヘルプしようという意志がないのだ。

もう、車の支払いは、私達の銀行から支払われている。あの車は私達のなのに(正確には私達の銀行のだけど・・・)乗って帰れないというの?!

B吉もいい加減イライラして「I'm not leaving here without a car!!」と宣言。

1時間ぐらいして呑気に「やぁ!!」と登場したトニー。悪びれる様子もない。全くどーなってるの?ここのビジネスは!?

トニーの出現によって、無事に車の引渡しが済み、新車の運転に緊張気味のB吉。

次に向かった、ベースのステッカーをもらうところで、大変なことを発見してしまった!!!

私達の車は7人乗りのバンなんだけど、真ん中の列、つまりは子供達が座るシートの窓が開かないのだ!!

開かないとはどーいうことか?

それは、開くように窓が組み込まれていないということ。

ただ、ガラスがはめ込んであるだけなのだ!!!!

なんということ!?

B吉にそれを指摘すると、そこの窓の開閉もオプションだったと言う。

え?何それ?聞いてないよ!!!

B吉曰く、それを私に説明した時、「いいよ、そのオプションはいらないから。」と言ったらしい。

って、言ってないから!!!

私って、人の話を聞いてるようで聞いてないっていうのは私をよく知ってる人ならば百も承知の助であろう。

恐らく、日本で車をオーダーする時に、色々オプションを選んでいるうちに段々面倒くさくなり、後半部分はろくに聞いてなかったんだと思う。

っていうか、普通車の窓って開くよね?

基本的っていうか、誰が考えても、窓は開閉が出来るから「窓」って言うんだよね?

そんなもん、オプションだなんて考えもしないじゃない!!

開かない窓・・・・   なんだそりゃーーーー!?!?

と叫んでももう遅い。。。。子供達が急に車酔いして吐きたくなった時は、窓ではなくドアを開けよう・・・・

その上!!

普通車の床に敷いてあるマット、というかカーペットもベーシックとして付いてくるものなんじゃないの?

ないのよ!カーペットが!!!

皆、よぉく思い出して!!

マットの下にカーペットがあって、それをめくると、なんかとても毛足の短いカーペットみたいなものが見えて、でもそれにはネジやら何やらが丸見えで・・・・

我が家の新車は、その「ネジが丸見え状態」なわけ!!

えぇぇーーーー????これもオプションかよぉー!!

全くやられっぱなしだよ。。とほほ。

すぐオートショップに行って、マット買ったよ。。。


まだまだ続く!!

その後、新車でハウジングに乗り付けた。

朝にB吉がハウジングに行ったんだけど、数あるこの島のベースハウジングの中で、今すぐにオファーできるのは、ここから少し離れた古いハウジングのみ。新しいところは、1年待ちとかそれ以上と言われた。

唯一、ウエイティングが一番短いのが、やっぱり新し目のハウジングでNo.3。待ちは2ヶ月ぐらい、と言う事だった。

とB吉から聞いてはいたものの、自分の耳で直接聞かないと納得しない私は、その事実を確認したかったのだ。

で、行ってきた。

するってぇと、その3番のウェイティングのハウジングに現在空き家が1件あって、そこをあげれるかも♪と言う。

え?だって、私達3番手なんじゃないの?

理由は、この島で家やアパート、コンドミニアム等をリースすると、ほとんどが1年ごとのリースで、ハウジングリストに名前を載せてても、オファーの時にリースをターミネイトできない人達が結構いると言う。

で、私達の前の2家族はまさしくリースの途中の人達。

現在、もちろん何のリースもないし(ホテル暮らしだからね)宿泊代手当てもあと1週間で切れる私達に順番が回ってきたのだ。

ラッキー!!!

まさか、ホテルから直にハウジングに入れるなんて思ってもいなかったし、「中を見て気に入ったら取る!!」と言ってオファーをもらった。

そしてそのハウジングを見に行った。

外観も素敵(?)で、ちょっとCaliforniaの新興住宅地って感じ。そして中も、まぁまぁのスペースかなぁ。

ベッドルームについてるクローゼットが小さくて、絶対に私の服&B吉の服は入らないことこの上ないが、ガレージもあるし、1Fのスペースが前に住んでた日本のハウジングよりもちと広い。

キッチンにあるキャビネットも十分あるし、ランドリールームも、ジャイ子が側転できるぐらいの広さがある。

しかし!!!

そこでも大発見をしてしまった。。。。

体調13~15cm以上はあるムカデがヒックリかえって死んでいる!!

それはランドリールームで息絶えていた。

でかい。でかすぎる。

こんなサイズ、今までの人生でお目にかかったことがない。

それをハウジングの人に指摘すると、「あら、本当だ!でも死んでるから大丈夫よ!」と足でひっくり返っているムカデをシュッシュッシュと動かし、外にポイッと蹴ったのだった。

死んでる死んでないの問題じゃなくて・・・・・

あんなのがもし、家の中に入り込んでいて、子供達の部屋に忍び込んでたりしたら・・・・・

ハウジングの人は私の不安そうな顔に気付き「ここのハウジングからは、ネズミとムカデの報告があります。だから必ず窓を開けっぱなしにしたりしないように!」というアドバイスをしてくれた。

そこなの?それで解決なの?

それに、ジャイ子の部屋になるところもちと狭め。

まぁ、政府から軍人に与えられたBenefitだし、オフベースに住まなくていいだけお金もセーブできるというもの。

なので、明日さっそくAcceptanceの書類をしにハウジングに行き、そこで引越しの日が決定するであろう。

スクールは、長女は、彼女の大親友が一足お先にこの島に到着し、すでに通い始めてるハイスクールに通う。もう大喜びである。

ジャイ子はそこから車で10分ぐらいにある小学校になる。

まだスクールの手続きはしてないけど、来週ぐらいから通わせてあげたい。。。

さぁて、明日も色々と忙しくなるわよ~!!
 |2007/02/21 |     Mission II - アウトレットを下調べ   

今日の捜査はアウトレット。

私達の泊まっているロッジの近くに、大きい大きいアウトレットがあるという垂れ込みが入った。

さっそくその垂れ込みの調査をし、ガセネタではないという信頼できる筋からの情報を頼りに、車を走らせた。

約20分ぐらいで到着~。

大きい、と言っても、まぁ大体アウトレットってこんなもんだよね、という感じだったけど、久しぶりにみた各ストアに興奮気味の一家4人。

ジャイ子以外はもう携帯を持ってるので、4人一緒に行動しなくてもいいもんね。

ということで、私と長女。B吉とジャイ子に別れ、たっぷり買い物を楽しんだ。

楽しみすぎたかも。。。

帰りにはショップの紙袋やプラスティックバッグが溢れんばかりで、「あ、やばい。またやっちゃった???」と気付いたが、ま、よかろう。。。

ここのアウトレットは日本人の観光客がとても多く、皆たくさんの買い物をしていた。おばちゃんグループは、各自COACHの袋を3個も4個も持っていて、あれはお土産なのか、自分のものなのか、頼まれたものなのか。。。といういらん心配をしてしてしまった。

アウトレットのマップも英語と日本語だし、インフォメーションブースには日本人が日本語対応をしていた。

常夏にいる、というよりも、横浜かどこかにいるんじゃないかという錯覚に落ちてしまう。。。

私ってどこにいるんだっけ???

フリーウェイを走っていると、要所要所で「あ、ここってカリフォルニアみたい」とか「フロリダみたい」と思う景色がたくさんあり、天気もさることながら、本当に自分達が常夏にいるということが今いち信じられない。

ただ、1日に何度もシャワーが降るんだけど、それも、なんだか「ん?セミのおしっ○?」てぐらいのチョボチョボ加減。ワイパーも意味がないぐらいである。

明日はついにHousing Officeにチェックインしに行き、車を取りに行く。

明日からは平日なので、やることがたくさんあるし、この3日間のように、観光客としてのほほ~んと過ごすわけにはいかなくなるんだろうな。。。

また明日を乞うご期待!
 |2007/02/20 |     Mission I -海岸通りを調査せよ!   

常夏2日目の2月18日。


HWYを走っていても全く常夏にいるような気がしない、ということは昨日の日記でも書いたけど、きっとそれは、まだ観光客で有名なあそこに行ってないからだということで、早速現地調査に出発。

一体自分達が島のどこにいるのか、そして、有名な観光地はどっち方面のどこにあるのか、全く地理を把握していない私。

運転手のB吉は、何度もこの島に来たことがあるのに、スポットスポットでしか覚えていないので、レンタカーについてるナビゲーションを活用して行くことにしたはいいが、このナビゲーション、日本のそれとはちと違うようで、今いち使い方が分からない。私の愛車MPVについていたのは操作も簡単だったのに。。。。

結局、使い方の分からないナビゲーションは諦め、マップを見ながらのアナログ夫婦。しかも、車酔いしやすい私は、助手席で5分もマップを見ていられない。使えない奴なのであった。

20分ぐらいで観光スポットの海岸通りに到着~。COACHにシャネル・ルイビトン・ティファニー等のブランド店が立ち並び、高級ホテルがそびえ立つ。たくさんの土産店やレストラン。込み合うストリート。

車の窓からおのぼりさん丸出しで「うぉーーっ!!すごいなぁーっ!!」と口をポカンと開けて見入ってしまった。

そうよ。そうなのよ。あれでこそ常夏よ。あそここそがトロピカルなのよ!

でも、どことなくSanta Barbaraに雰囲気が似てないでもないけど。。。

車で何週かグルグル回り、そのまま通過~。

以上、現地調査終わり~。。。

だって、パーキングもどこにあるか分からないし、結局諦めてまたHWY Westに戻ったのだった。

そのあとは、ついに、長女念願の携帯電話購入。

それにあたり、何社もの携帯電話会社を行ったり来たりして、Payment Planやら電話本体料金やら何やらを聞きまくり、B吉と厳選なる審査の結果、A社に決定。

アメリカって相変わらず日本の携帯事情より遅れてる。Paymentプランも日本のそれとは違うし、なんで電話やメールを受け取るだけで、自分達のMinutesを取られるんだ???メールと言っても、auとかのようにcメールは100字以内、e-mailは1000字以内ではなく、メール=160字。しかもAdditionalでつけないとダメだし。。。ファミリープラン3ラインで申し込んだので、まぁまぁかな、という感じ。

なにしろ、ここに到着したのが土曜日で、今週は3Days Weekendだから、ハウジングにチェックインするのも火曜日までお預け。

日本から注文してあった車をピックアップできるのも火曜日までお預け。

何もかも、Officeは火曜まで休みだから、この週末は単に観光?と買い物?

ただ単に、無駄に金を遣うだけ・・・ ダメじゃん!!!

それにしても、ここのCommissaryでも買い物したけど、久しぶりに見た1Gallonのミルクが$4.99って何!!!

久しぶりに入ったDrug Storeでも、Doveのシャンプーが$6.89ってどーゆーこと!?

高いのよ。何もかもが高いのよ!!!

でもでも、ここのNEXに入ってるCOACH、私達がついこの前までいたとこのものよりもでかい。

そして、もちろん品数もたくさん♪

さっそく品定めして、鏡を見ながら「これ、きゃわうぃうぃ~♪」とはしゃぐ私。

いかんいかん!!もう以前のように、欲しいものを欲望のままに購入することはできんのだ!!

今までの甘い暮らしを悔い改め、GoodWillに通う勢いでいなければ!

日曜ごとにSunday Paperを買い、クーポンをチョキチョキしなければいかんのだ!

セールの日は、前もってSales Paperを熟読し、欲しいものに狙いを定め、ストアがオープンする1時間ぐらい前からドアの前に立ち、開店と共に狙っているものに一直線にダッシュするぐらいの心構えでいなければ!!!


はぁ・・・ 大丈夫だろうか・・・

そんな暮らし、3年もやっていけるだろうか・・・?

新しい携帯電話を手に、途方にくれる2日目であった。。。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。