|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2007/10/30 |     臨床検査の結果   

あと2日(11月1日)で、長女がLaparoscopy(腹腔鏡)の手術をしてから、ちょうど1週間になる。

 

 

そしてその日に、長女の再手術が決定した。

 

今度はLaparoscopy(腹腔鏡)ではなくIncision(切開手術)になる。

 

 

 

 

昨日、長女の執刀医から電話があり、先週の手術で摘出した、Cyst(嚢胞)の臨床検査の結果報告があった。

 

 

 

長女の卵巣に宿っていたのは、実はCyst(嚢胞)ではなく、Tumor(腫瘍)だったことがわかったのだった。

 

しかし、腫瘍マーカーの値は、癌には達していない、ということも分かった。

 

 

 

 

先週の手術後の、執刀医からの話を思い出す。

 

Laparoscopy-腹腔鏡でいざ、長女のお腹を見てみると、Cyst-嚢胞 は予想以上に大きくて、全部取りきれなかったこと。

全部取りきるためには、卵巣を摘出しないことには無理だったこと。

なので、取れる部分だけ取ったということ。

取りきれなかったCyst-嚢胞 に関しては、内部の液体を注射針のようなもので吸い出したこと。

 

 

Tumor-腫瘍 は悪性ではないが、放置しておくと悪性腫瘍に成長する可能性がある。

そして、前回の手術では取りきれなかった、Cyst-嚢胞だと思っていたTumor-腫瘍を

全部取ってしまわないといけない。

 

 

 

 

今日、長女を連れて早速、執刀医に会ってきた。

 

 

 

 

絶対に確実なのは、卵巣を摘出してしまうこと。

 

 

でも、長女のもう1つの卵巣も、今は小さくなっているが、この春にはCyst-嚢胞があった。

なので、もし悪い方の卵巣を摘出してしまって、のちのち、残ったもう1つの卵巣にも

腫瘍が出来て摘出、などということになったら、長女は完全に子供が産めない体になってしまう。

 

なので、出来るなら、卵巣摘出をしない方法で、残った腫瘍を取りきりたい。

しかし、そのためにはLaparoscopy-腹腔鏡では無理なので、Incision-切開手術になってしまう。

 

血液検査の結果も、そして腫瘍マーカーの数値の結果も、癌と診断する数値は出てなくて

「これはBenign tumor-良性腫瘍 なのよ。」と繰り返していたドクター。

 

 

 

 

ドクターは、長女にこう言った。

 

 

前回と同じLaparoscopy-腹腔鏡で、同じ場所から手術をして、卵巣摘出も出来るのよ。

でも、残った卵巣がこの先絶対に無事だっていう保障はできないの。

この4月には、実際、もう1つの卵巣にも嚢胞があったでしょう?

それがこの先、また大きく成長する可能性はゼロではないのよ。

もしかしたら、卵巣が急にねじれて、緊急手術で摘出なんてこともあるかもしれない。

でもね。あなたは今はまだ15才だから、子供を産むことなんて考えられないだろうけど

今は子供なんて産みたくないって思っていても、大人になってから欲しくなる時がくるかもしれない。

その時のために、なるべく卵巣を残しておきたいの。

でも、そのためには、お腹を開けないといけない。

術後の痛みも、腹腔鏡よりはあるし、傷だって残る。

だから、将来のことも考えて、あなたに選択してもらいたいの。

 

それでもあなたが、腹腔鏡で卵巣摘出を望むならば、私は従うけれど、両親とよーく

話し合ってもらいたいの。

 

 

 

そしてドクターは部屋を出て、私達に時間をくれた。

 

 

 

 

長女は最初は、Laparoscopyで卵巣摘出を望んだ。

 

去年、ジャイ子がLaparoscopyでの手術の1週間後、Incisionを受けて、術後、痛みで苦しんでいるのを見ている長女。

 

あんな痛い思いはしたくないし、さっさと卵巣を摘出して、もう、このProblemに別れを告げたい。

 

スクールにも早く戻りたい。

 

 

 

長女の言い分も分かるけど、私もB吉も、そして一緒に行った私の母も

摘出は避けたかったので、4人でよーく話し合って、最終的に長女が納得して出した答えが

Incision-切開手術で、卵巣を残す、というもの。

 

 

 

ドクターからも説明されたのだが、Incisionでも、もしかしたら最終的に摘出、ということに

なってしまうかもしれない。

でも、絶対に最善を尽くすし、卵巣を摘出しないで済む自信もある、と言ってくれた。

けど、医療ではやはり100%、ということはないので、そこを理解して欲しい、とも。

 

 

 

 

そして、手術の日取りがあさっての11月1日に決定した。

 

 

 

 

 

 

昨日から、長女の涙を何回も見た。

 

 

 

長女の前では絶対に泣かない、と決めている私も、長女がいなくなると、涙がこらえられなくなる。

 

 

どうして私じゃないんだろう?

どうして15才の長女なのだろう?

私なら、どんなに体を切られようが、臓器を摘出されようが構わない。

どんな痛みが私を襲おうと構わない。

それなのに、どうして長女なのだろう?

 

 

 

 

去年の今頃。

 

ジャイ子も盲腸破裂による、重度の腹膜炎で、laparoscopy(腹腔鏡) → 一週間後にincision (切開手術) という道を辿り、彼女のお腹は6個もの傷がある。

 

そして1年後。

今度は長女がやはり、laparoscopy → incision というデジャブのような現実。

 

 

親として、なんともやりきれないし、限りなく切ない。

 

 

 

術後はまたしばらくスクールを休むことになるので、明日はスクールへ行きたい、と行った長女。

 

今日は1日痛み止めも飲まなかったし、長女の希望通り、明日、スクールへ行かせる予定。

(一昨日苦しんでいた長女の便秘は、昨日無事に解消された。)

そして明日はハロウィーン。

長女は、手術前に、子供達にキャンディを渡す係りを思う存分楽しむ、と張り切っている。

 

 

 

 

B吉も不安だろうけど、長女を元気付けようと、一生懸命笑わしている。

 

あまりに笑かしすぎで、長女から「お腹痛いから止めて・・・」と言われてしまったほど。

 

 

 

 

あぁ。

どうか、今回の手術で完全に良くなりますように・・・

 

 

 


      海外ブログランキングの応援お願いします。  にほんブログ村 海外生活ブログへ


      FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
 |2007/10/28 |     ハハ ノ アジ   

 母がハワイ入りして1日が経ち、長女が手術をして3日が経った。

 

 

長女の方は、痛みが全然消えなくて、6時間おきに痛み止めの薬を飲んでいるのだけど

その薬を飲むと眠くなるので、1日のほとんどを寝て過ごしている。

 

 

動いた方が回復には良いので、起きてる時はなるべく家の中を歩くように言うんだけど

起きている =(イコール) 薬が切れている 

ということだから、お腹に手を当て、痛みをこらえて、のっそりのっそりと歩く。

 

 

昨日より今日の方が痛みが大きかったようで、それは手術前日から続いている便秘とも

関係しているよう。。。 (又もやそっち方面の話題で申し訳ない・・・)

 

 

リキめないので、便意があっても普段のようには出来ないのだ。

 

水分をたくさん飲んで、繊維ものを食べるようにいうのだけど、食欲もあまりない。

 

痛み止めの薬と一緒に処方された、便を柔らかくする薬も飲んでいるのに、今のところ

一向に効果はない模様。

 

おからクッキーを食べ、水をがぶ飲みし、ミネラル豆乳ジュースを飲み、レンコンを食べ続けている私には無縁の便秘。

 

私と同じ食生活をすればいいのに・・・

 

 

母は長女のことが心配なので、長女を置いてどこかへ行く、ということはしたくない。

なので今日も1日を家で過ごした。

 

でも長女の好物である魚料理を、母に習って作ってあげたかったので、母と2人で

ドンキホーテにちょろっと買い物に出かけた。

 

必要最低限の買い物を済まし、ちゃっちゃと帰ってきた母と私。

 

 

 

 

 

 

相変わらず、大したネタもないので、今日のご飯は何だろな? でごまかそうと思う・・・

 

 

 

 

20071028204657.jpg

便秘に即効性のある ヒジキの煮物・ひよこ豆入り

 

これは母の作り方を聞きながら作ってみた。

 

母が「写真撮るんでしょ?」と、色採りに茹でたサヤインゲンを刻んで、トップにパラパラと散らす。

 

私より母のがブログ魂が育っているらしい・・・ 

 

 

 

 

 


20071028204704.jpg

空芯菜の中華炒め

 

ドンキホーテで1束 1ドル59セント。

 

スライスしたガーリックを炒めて、適当に切った空芯菜を茎から炒める。

 

最後に中華スープをかけて出来上がり。

シャキシャキした歯ごたえが好き。 

 

 

 

 

 

 


20071028204710.jpgそしてこれが、長女の好物で「グランマが来たら作ってもらいたい」と言っていた 秋刀魚のこってり煮物

 

これは圧力鍋で簡単に出来て、骨ごと食べられる。

母に作り方を聞いて、私が作った。

 

濃い目の甘辛ソースに、内臓を取った秋刀魚のブツ切りを入れ

圧力がかかってから、たったの8分で完成。

 

骨も丸ごとたべられるから、カルシウムもたっぷり。

これはおいすぃー!!

ご飯がすすむ一品。

 

 

 

と、母を力を合わせて作ったのに、長女はやはり食欲がなく、ヒジキをちょろっと食べただけ。

傷口も傷むし、便秘のせいでお腹も張るしで、ガーリック系の匂いもイヤみたい。

 

なんとか便秘だけでも解消してほしいんだけど・・・

 

 

 

 

今は、もうすぐ夜の9時半になるんだけど、母は「LETTERS FROM IWO JIMA - 硫黄島からの手紙」を鑑賞中。

 

私は全粒粉と10種雑穀入りの食パンの2次発酵中。

 

そして残りの人達は、すでにベッドへ行ってしまっている。

 

 

私がホームベーカリーでパン生地を捏ねている時、興味津々で母が覗き込んでいた。

そこへジャイ子登場。

ジャイ子はどーにかして母にちょっかいを出したいので、母が覗き込んでいるところへ

自分の頭を突っ込み邪魔をしたり、母に鼻く〇攻撃をかましたりしていた。

 

母もジャイ子からの鼻く〇攻撃に反撃。 (もちろん本物は飛ばさないけど、飛ばすフリね)

2人して、フタのあいているホームベーカリの側で、鼻く〇飛ばしをするので

もしかしたらこの食パン。

2人の鼻く〇入りの可能性大・・・


     海外ブログランキングの応援お願いします。ここをポチリと♪  にほんブログ村 海外生活ブログへ


            FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking

 |2007/10/28 |     ハハ キタル   

朝の7時半過ぎ。

 

まだ寝ている長女を残し、B吉とジャイ子と私の3人は車に乗り込んだ。

 

今日は待ちに待った、私の母がハワイ入りする日なのであ~る。

 

折からの、関東地方を襲った台風の影響で、出発予定を1時間も過ぎて飛び立った飛行機は

ハワイ到着も予定よりも1時間遅くなっている、という情報はすでに母@成田から得ていた私達。

 

空港に車を止め、3人足早に、インターナショナルエアーターミナルへ向かう。

 

母から聞いていた通り、予定よりも1時間遅れで到着した母を乗せた飛行機。

ゲートが開くたびに、ドキドキしながら母の登場を待ち構えていた。

 

 

 

そして!!

 

 

 

ジャイ子が あ!! グランマ!! と1番に気付き、それに続き私とB吉も あ~~~!!!

皆でハグをして、8ヵ月半ぶりの再開を果たした。

 

 

母は日本出発前から体調を崩していて、出発当日に病院にも行っている程なので

母の具合をとても心配していたのだけど、思ったよりも調子は良さそうで安心した。

 

 

今、ここに母がいる!!

それだけではしゃいでしまう私。

 

 

しかし、私以上にはしゃいでいたのはジャイ子だった。

 

もう母にベッタリで、空港から家までの道のりも、「グランマ!! グランマ!!」と話しかけっぱなし。

 

ジャイ子はとても早口なので、いくら英語の話せる母でも、「え?? 何??」となってしまう。

 

ジャイ子に「もっとゆっくり、大きな声で話してあげなさい。」と言っても、興奮のあまり

生麦・生米・生卵並みの早口は止まらない。

 

しかも、一生懸命自分の分かる日本語も混ぜるので、母が、英語だと思って聞いていると

実は日本語だった、ということがしょっちゅう・・・

 

 

 

不思議だったのは、

 

アレ?圏外? という母の声がしたので振り向くと、自分の携帯を持って、

一生懸命日本にいる私の姉にメールをしようとしているではないか!!

 

え・・・?? もちろん圏外でしょう・・・ ここハワイだし・・・

国際通話契約みたいなのしてないでしょ?

 

と聞くと、

 

してないけど、何?こっからだとメール出来ないの? と母。

 

 

ええ~~~!!! できませんよ~~~!! 

 

ってか、こっから普通に日本の携帯使えるんなら

私も日本での携帯、解約しないでこっちでも使ってたから~~~!!

 

と言うと、

 

 

え? そうなの? 

だってあんた、しょっちゅう私達の携帯にメールくれるし

私だってこの携帯からあんたに返信してるからさぁ。

使えるのかと思った~!

 

 

ヲ~~イ!!

初めての海外旅行じゃないだろにぃ!!

でも何だか可愛い勘違いで、笑ったわ。

 

 

 

そんなやり取りをしている間、家では、長女がグランマの到着を待っていた。

 

母はとにかく、手術を終えたばかりの長女のことが心配で、胃が痛くなってしまっていた程。

長女と母、感動の再会の瞬間!! は私がまだ家の中に入ってない時に、すでに済まされていた。   ヲイ!!

 

 

 

 

 

 

 

20071027211948.jpg

母が成田から買ってきてくれたおにぎりは、すでに

ツナマヨネーズの姿がない。

 

長女とジャイ子により、写真に収める前に奪われていた。

 

おにぎりなんてハワイでも売っているけど、日本のオニギリはやっぱり日本の味がする。

 

 

 


20071027211955.jpg

ジャイ子の好物のお稲荷さん

 

母がわざわざ私達のことを思って買ってきてくれた、っていうだけで、とっても感動。

 

母が我が家に到着後30分以内は、皆してオニギリやお稲荷さんを頬張っていた。

どんだけ飢えてんねん?って話よ!!

 

 

母が持ってきた、ラージサイズのスーツケースには、半分以上が私達へのお土産や

私が頼んであったもので埋まっていた。

 

や、パンの型色々や、パンを焼くための天然酵母や、 ワコー〇の下着ホットビューラー

マジョ〇カマジョ〇カのマスカラあぶら取り紙化粧品美顔器、など等・・・・が私が頼んだ物。

 

その他にも、感動の嵐を巻き起こした辛子明太子!!も成田で買ってきてくれたり、小田原の美味しい梅干やら、おせんべい各種さきイカ子供達へのお土産,など等・・・

嬉しさと興奮のあまり、もらった物をさっさと仕舞い込んだブログ魂の抜けてる私。よって画像ナシ・・・

 

 

自分の荷物よりも、私達へ持ってきてくれた荷物の方が全然重いし多い!!!

 

それだけでも母の愛を感じることが出来る。

 

 

 

まだ本調子ではない母。

そして長女も、大分一人で動けるようになったものの、やはり痛み止めが切れると

傷口が痛み出すので、今日は皆で家でゆっくりと過ごした。

 

 

ジャイ子はグランマにサックスを吹いて見せたり、スクールユニフォームを披露したり

とにかくずっと「グランマ!! グランマ!!」とまとわり付いている。

 

私もジャイ子に負けじと「お母さん!! お母さん!!」とまとわり付いてたけど・・・

 

ジャイ子と私、2人して後追い状態・・・

ごめんね。うざくて・・・

 

 

 

 

 

そして 祝!! 母到着!! 今日のご飯は何だろな?

 

ということで、母と久しぶりに一緒に食べる夕食。

昨日からメニューを考えていたので、あとは下ごしらえして作るだけ。

 

 


20071027212001.jpg

昨日の朝から水に浸し、そして夜からスロークッカーで

水煮をしたひよこ豆。

それを使って、ひよこ豆とヒジキのサラダ

 

これは私と母用ということで、皆の苦手なオニオンスライスも入れてみた。

 

 

 

 

 


20071027212006.jpg

グリーンビーンズとベーコンの炒め物

 

 

ベーコンをカリッと炒めてから、茹でたグリーンビーンズを軽く炒めて、塩コショウに醤油混ぜただけなんだけど・・・

 

 

 

 

 


20071027212012.jpg

そして今夜のメイン。

 

ローストビーフ

 

粒マスタード・ニンニク・オリーブオイル・ローズマリー・塩コショウを混ぜたペイストを塗りこんでオーブンでロースト。

 

これは大失敗。

 

母とのおしゃべりに夢中になり過ぎて、しっかりと肉の温度を確認しなかったので、

母に「もうソロソロ、肉いいんじゃない?」と言われてハッとした。

案の定、肉の温度が上がりすぎて、ミディアムレアが好きなのに全くのウエルダン・・・

135F(華氏)でいいのに、150Fにもなっていた・・・

面目ない・・・

でもアゴの運動には最適・・・

 

 

今までだって、私達がアメリカに住んでいた時も、佐世保に住んでいた時も、母は遊びに来てくれていたのだけど、仕事があったので、限られた休暇をやりくりしての滞在で、長くて3週間ぐらい。

 

でも、母も私達が横須賀にいた時に、仕事を無事に定年退職したので、今回は仕事に縛られることもなく、ゆっくりといられるのがとても嬉しい。

とは言え、母だって色々と忙しいので、今回はそれでも1ヶ月の滞在。

 

その間にHalloweenThanksgiving、そして長女のSweet Sixteenの誕生日と、イベント目白押し!!

 

それらを一緒に過ごせるのがとにかく嬉しい。

 

     海外ブログランキングの応援お願いします。ここをポチリと♪  にほんブログ村 海外生活ブログへ


            FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking

 |2007/10/26 |     いざ!! 手術当日   

10月25日木曜日の昨日、陸軍のトリプラー病院で、無事に長女の手術が終了した。

 

朝の6時にチェックインということで、B吉と長女は5時半前に家を出発。

私はジャイ子がスクールに行ってから、ランチだのコーヒーだのを準備して、7時20分頃に家を出た。

 

チェックイン → 手術待合室 → 手術準備室 → 手術室 という移動なのだけど

手術室に長女が運ばれたのが11時頃。

なんと5時間も待っていたことに !!

 

 

 

 

20071026075904.jpg

私が手術待合室に到着すると、長女はすでに病院で渡されたガウンに着替えていた。

 

この部屋には、他にも今日手術をする人が何人もいて、長女は1番乗りだったそう。

 

長女よりも後から来た人達がどんどん名前を呼ばれ、この部屋から出て行く。

 

6時から待っている長女。

待つ時間というのは、退屈だし、緊張が持続して嫌な気分。 

 

結局長女が名前を呼ばれたのは、9時半過ぎ。

手術待合室から、手術準備室へと移動。

 

 

 

 


20071026075931.jpg

ここでは、麻酔のための点滴を入れられ、ひたすら手術室に運ばれるのを待つ。

 

待合室では緊張しながらもまだ余裕だった長女だけど

さすがにこの部屋では緊張がマックスに達した模様で

急に泣き出してしまった長女を、ひたすらギュッと抱きしめた。

 

注射針が嫌いな長女なのに、点滴針を入れるおっさんが、3回もやり直し!!

刺した針を、まるで釣りでもしてるかのように、押したり引いたり、挙句の果てにグルグルしたりして、思わず後ろからどつきたくなった。

左手の甲、左内腕、と散々針でいじくり回した挙句、結局右の手の甲でのトライでようやく

点滴針の注入成功。

私とB吉は、もうこのおっさんを訴える寸前まで怒りがこみあげていたのは言うまでもない。

その間長女は、痛さと闘いながらB吉の腕を掴み、涙がボロボロ。

ホント、おっさんシメる!!

 

 

ここで麻酔の前段階でもある、リラックスする注射をされると、数秒で長女の目がトローンとなり、「Wow・・・・  Wow・・・・」と宙を見ながらつぶやく長女が手術室に運ばれたのが11時頃。

 

私達は家族待合室に移動し、ここでようやく、用意してきたコーヒーを飲んだり、持ってきたランチを食べたり。

 

ちょっとゆったりしたカウチに座って、持ってきた雑誌を読んでいたのだけど、いつの間にか

寝てしまった私。

「Mr. & Mrs. ○○○○○!!」という声でパッと目が覚めると、手術を終えたドクターが立っていた。

 

ドクターによると、手術は無事に終了。

ただ、嚢胞がとても大きくて、全部取るためには卵巣を摘出しないといけないぐらいだったので、取れる部分は全部取って、残りは注射針で嚢胞の中身を吸い出したらしい。

長女の体調も異常なし。

リカバリールームに今運ばれてるから、1人ずつしか入れないけど、会いにいってあげて。

と言われ、まず私が行った。

 

ドアが開けられると、広い部屋にたくさんのベッドがあって、皆手術を終えたばかりの人が

横たわっている。

その中で、長女の姿を捕らえた瞬間、涙がぶぁーーっと溢れてきた。

 

酸素マスクを取り付けられ、麻酔で寝ている長女。

胸には心拍モニターがたくさん付けられている。

 

側にいたナースから「彼女、聞こえるからしゃべりかけてあげて。」と言われ

長女の名前を呼んで、「ママだよ。聞こえる?」と言うと、目をつぶりながらも

コクンと頷いた。

「全部終わったよ。よく頑張ったね。」と言う私に、またコクンコクンと頷く。

 

私ばかり長女に面会しているわけにもいかないので、次はB吉に交代。

15分ぐらいして、また私と交代した。

その間、痛み止めのモルヒネを打つこと3回。

 

そして、リカバリールームから病室へと移動。

 

18歳未満は、いくらティーンでも小児科病棟になるらしく、可愛い病室へ運ばれた長女。

まだ麻酔から完全に覚めてない長女は、うつらうつらしているけど、担当ナースからの質問には目を閉じながらも、きちんと答えられる。

 

B吉に長女をお願いして、ジャイ子を迎えに行った私。

スターバックスで、B吉への差し入れを買い、ジャイ子を連れて病院へ引き返した。

 

麻酔の副作用で吐き気があった長女は、薬を飲んで寝ていたけど、長女の側を片時も離れないジャイ子。

普段喧嘩ばかりしてる2人だけど、やっぱりこういう時は心配でしょうがないらしい。

 

数時間後に、ナースのサポート付きで、自分でなんとかトイレに行けた長女。

ベッドから病室内にあるバスルームまでは、普通なら5秒ぐらいで行ける距離だけど

めまいがあると止まって、とにかくゆっくりゆっくりと、3分ぐらいかけてだけど、ちゃんと歩けた。

 

6時ぐらいに長女のボーイフレンドのライアンが、父親と一緒にお見舞いに来てくれた。

そして、長女のベストフレンドも、母親と一緒に長女の様子を見に来てくれた。

 

それが効いたらしく、「自分で歩きたい」と行って、ライアンと友達にサポートされながら

廊下をソロリソロリと5分ぐらい歩いた長女。

 

やっぱり彼氏&友達の存在ってすごいね。

それまではうつらうつら、トロトロとベッドで寝ていたのに、彼らが来てからは、元気が出てきたようで、表情も違う。

 

7時前に、ジャイ子を連れて家に帰ったB吉。

結局ライアンは、面会時間ぎりぎりの8時まで長女の側で、色々と長女の世話を焼いてくれて

私はその間、ボケ~ッとテレビを見ていた。

 

ライアンが帰った後、ドクターが来て長女の経過をチェックし、吐き気も治まったし、脈拍・血圧・体温も正常だし、痛みとめまいはしょうがないけど、長女が帰りたかったら今夜帰ってもいいよ、との診断。

 

私はすっかり泊り込みのつもりでいたんだけど、長女はやっぱり帰りたいようで

ナースやドクターも、長女の経過が良好だし、病院にいても家にいても痛みは同じだよ、って

言うので、飲み薬を数種類もらって、病院を後にしたのが夜の10時近くだった。

 

とは言え、なにしろ昼に手術をしたばかりなので、車椅子から車に乗り込むのも大変。

車椅子を押してくれたナースが補助してくれて、ようやく車に乗り込んだ。

道路のデコボコでさえもお腹に響くので、かなりゆっくり目の運転で家に到着したのが

10時過ぎ。

 

家で待ち構えていたB吉が補助してくれて、2階の自分の部屋まで移動した長女は

一晩中私達を呼ぶこともなく、よく寝てくれた。

 

今日もまだまだ痛みはあるけど、先ほどチキンスープとリンゴを食べたし、トイレも自分でゆっくりとだけど行ける。

傷口も異常なしだし、ジャイ子が手術した時と比べて、さすがにティーンだけあって、回復も早い。

 

来週の終わり頃には、大分元気になってるんじゃないかな・・・

 

トリプラーでは、点滴のおっさん以外は、どのスタッフもプロフェッショナルだし、細やかな気遣いをしてくれて、私もB吉も、信頼して娘の体を預けることが出来た。

特に、麻酔医は、緊張して半泣きの長女に自信を持たせてくれたし、すごく良くしてくれた。

背筋がピシッとしてて、頭脳明晰という感じが外見から感じ取れ、だけど冷たさは一切なくて

何もかも委ねられる、という感じ。

 

執刀医ももちろん、アシスタント医から、リカバリールームのナース、そして小児科病棟のナース。

どの人も本当に良くしてくれて(まぁ、それが彼らの仕事なんだけど) ネイビーの病院との

違いを見せ付けられた、という感想。

 

最後に、何度も言うけど、点滴のおっさん!! クビ!!!

 

 

ということで、無事に手術も終わって、順調に回復している長女。

皆さん、ご心配おかけしました!!

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

=オマケ=

 


20071026075939.jpg

手術前日に焼いたクランベリーパウンドケーキ。

なんかジッとしてられなくて、作ってしまった。

 

これを腹を空かしたライアンに与えてみたらバクバク食べてくれたので、「あ、これからは焼いたらライアンにあげよ!!」とひらめいた私。 

 

ライアンにはお兄ちゃんもいるし、男3人世帯なので、こういうベイキングって買ってしか食べないだろうしね。

よし、決定!!

 

 

20071026075945.jpg

 


     海外ブログランキングの応援お願いします。ここをポチリと♪  にほんブログ村 海外生活ブログへ


                    FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking

 |2007/10/25 |     手術前日の夜   

いよいよ明日に迫った長女の手術

 

ナースから指定された今日の午後3時以降に、チェックインタイムを聞くため電話をしたら

な、な、なんと!!

チェックインは朝の6時だって~~!!

早朝だねーー。

ラジオ体操も始まらない時間じゃない?

 

ジャイ子がスクールバスに乗るために家を出るのが6時45分だから、私はその後に病院行き。

B吉が長女と一緒に6時までに病院と相成った。

あい~~。

 

長女も次第に緊張が高まっていて、「あー、ドキドキする・・・」と言っている。

そうだよね。

お腹に穴開けんだもんね。

開腹手術じゃないにしろ、3箇所も穴開けられるのは怖いよね。

 

私も長女に負けずに緊張してるから、それを察したのかジャイ子!!

夕食の時に、1人おどけて笑かす笑かす!!

変な顔したり、くだらないジョーク言ったり・・・

ジャイ子の言う knock knock joke があまりにも意味不明 & バカらしいので 

もう私も長女も大笑い!!! (B吉は今日は遅いのでまだ帰ってきてない)

飲んでた水は噴出すわ、口から食べ物飛ばすわで、まるでカーニバル!!!

 

ジャイ子に「くれぐれも明日以降は、長女を笑わせないように!!!」と注意をしたのは言うまでもない。

 

長女も、ペディキュアも落としたし、何個付いてるんだか分からないピアスも取ったし。

緊張しながらも、ちゃんと準備をしていて、とても健気。

思わず、ギューッと抱きしめて、「Everything is going to be all right!!!」と言う私は

自分にもそう言い聞かせている。

 

 

 

ところで女3人で食べた今夜の夕食。

 

さてここで、恒例!! 今夜の晩ご飯!!

いぇーい!! パフパフパフ~~☆♪ミ

 

 

 

 

20071024192511.jpg

人参と大根のタイ風なます。

参考レシピはこちら。

       ↓

レシピ ベトナム料理★アジアン『なます』 by のおこ

私はこのレシピに、ガーリックを包丁でゴリッと潰したものも入れて、米酢ではなくフィリピンのお酢を使用した。

米酢よりもさっぱりしている。

ナンプラーも鷹の爪もレシピよりも多めに。

これを、グリーンパパイヤで作れば、グリーンパパイヤサラダになることも発見!!

よし。グリーンパパイヤ買ってこよ。

 

 

 

 


20071024192519.jpg

そしてこれが、モヤシとニラのカラシおひたし

 

いつもこういうのって大量に作るから、何日も食卓に顔を出す。

カラシを結構ぶにゅ~~~って入れて、結構辛め。

辛いの好きなのよ~。 

 

 

 

 


20071024192525.jpg

これは、この前初めてレンコンのキンピラ風を作ってから

はまってるので、食べ切る前にまた大量に作ってる。

今日もまた作って、これで4回目。

朝は野菜ジュースだけど、昼と夜はこれシャキシャキ食べてる私。

レンコンで生き延びてると言っても過言ではない。

 

 

 

 


20071024192536.jpg

カリフラワーのスープ

 

人参、モヤシ、玉ねぎ、ベーコンも入ってる。

 

カリフラワーをスープに入れると、ふわぁっとした食感で、とっても美味しい♪♪ 

 

 

 

 


20071024192541.jpg

これはあまり膨らまなかったビスケット

 

これを半分に割って、蜂蜜たらして食べるのがジャイ子の好物。

 

かなり大きいサイズなんだけど、2個ペロンチョだったわ。 

 

 

 

 


20071024192549.jpgほいでもって、これ。

ロースト・チキン

 

写真で見ると大きさが分からないけど、かなり小ぶりのチキン。

ジャイ子の頭よりも小さいサイズ。

 

塩・コショウに、あと適当にハーブ塗りつけて放置。

そのあとオーブンで焼くだけ~。

簡単。

 

 


20071024194756.jpg    20071024194809.jpgグレイビーソースハーブクリームソースで召し上がれ♪

 

なんだかね。

手術前日ってことで、「何作ろうかなぁ。」って考えてて、結果、まったく統一性のない

だかアジアンだかアメリカンだかって感じの夕食の出来上がり。

 

でも長女が「ママありがとう。美味しかった♪♪」って言ってくれたもんね。

だからこれでいいのだ。

 

 

明日はいつもより早く起きるつもりなので、早めに就寝。

 


     海外ブログランキングの応援お願いします。ここをポチリと♪  にほんブログ村 海外生活ブログへ


                            FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking

 |2007/10/25 |     手術の心得   

昨日、長女の手術の説明&最終検査だったんだけど、まぁー疲れた疲れた。

 

1.チェックイン → 

2. 書類記入 → 

3. Vital (体温・血圧・脈拍・体重・身長チェック) → 

4. 麻酔医からの説明 

までは順調に流れるように進んだんだけど、最後の外科担当ナース(担当医ではなかった) からの説明まで、待合室で待った待った!!

 

他にも、手術の予定がある人達が、1から4までを終えて、皆待合室で待ってるんだけど

最初の数十分は雑誌とかを読んでても、そのうち雑誌を放り出し、宙を見つめてボーーーッとし、最終的にはおやすみなさい・・・となってしまう。

私も長女も、椅子の上で、体をあっちに向けたりこっちに向けたりしながら夢の住人。

病院内の室温がすごく低いから、私も含めた待合室の仲間は、ある種、凍死状態

 

どの人も寝てるから、ナースが来て誰かの名前を呼ぶと、

ん??

と言った感じで、皆取りあえず目が覚めるんだけど、ボーッとしていていて、現実を理解できない。

ナース、もう1度名前を呼ぶ。

2度目でやっと、呼ばれた名前の人は「おぉっ。俺だ・・・」と返事する。

 

といった現象が起きていた。

 

私達ももちろん、2度呼ばれてやっと返事した次第。

 

最初はB吉も一緒に来てたんだけど、待合室で最低1時間半は待ったから、その間に

ジャイ子の担任との「面談」の時間が近づいてきてしまった。

 

本当は私も担任と話がしたかったんだけど、しょうがなくB吉さんだけでジャイ子のスクールへ。

そして私と長女は、相変わらず待合室で凍死中だったわけよ。

 

待たされて待たされて1時間半ちょっと。

ようやく長女の名前が呼ばれて、担当ナースから手術に向けて様々な質問。

 

担当ナースからの矢継ぎ早の質問の中にあなたは内臓提供を希望しますか?とかあって、もちろん、それは必ず聞かれるし(運転免許取るときも聞かれるしね)、もしもの時のために、ってことなんだろうけど、長女は一瞬、私の顔を見てん?という表情をした後にNoと答えていた。

 

結局、当日のチェックイン時間も、その時には決まっておらず、手術の前日(つまり今日)の午後に電話をして聞かないといけない。

そのチェックイン時間というのは、手術開始時間ではなく、その時間にチェックインをしてまた待合室で待つ、ということ。

手術も順番待ち。

凍死決定

 

でも長女の場合、未成年で、婦人科の手術なので、おそらく他に同じ未成年・婦人科での手術があったとしても少ないし、たぶん長女が1番手になるんじゃないか?というのは、担当ナースの意見だけど・・・

 

前日の夜中以降は、飲まず食わず。

水1滴たりとも、氷の欠片でさえも喉を通してはいけない。

ガムもだめ。

マニキュア・ペディキュアは落とす。←いやーん。ペディキュア塗ったばっかなのにぃ!!と長女

その他、細かく注意事項・禁止事項が書かれた紙をもらって、やっと病院をあとにした。

 

 

 

ジャイ子の担任との面談はどーだったのか??

B吉曰く、スリル&ショッキングに満ちていたらしい。(笑)

 

 

 

 

20071024072301.jpg昨日の夜やいた角食パン。

全粒粉と6種雑穀入り。

 

ちなみに、夕食だけど、得意の取りあえず茹でたら和えとけってことで、モヤシとニラのカラシおひたし

 

今日は何和えよっかなぁ・・・

 


     海外ブログランキングの応援お願いします。ここをポチリと♪  にほんブログ村 海外生活ブログへ


                            FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking

 |2007/10/24 |     CAの火事とHIの火事   

カリフォルニア州南部では、週末から続いている山火事で、9万8千エーカー以上もの土地が焼失している。

たくさんの住民が非難警告を受け、少なくとも50棟以上の家屋が全焼もしくは半焼した、というのは23日付けの情報。

死亡者も出ているし、怪我人も続出している。

 

どうか、なるべく早く、この山火事が鎮火してくれるように祈るばかりである。

 

 

そしてこのハワイでも、MAKAHA VALLEYが先週の金曜日から火事が起こった。

土曜日には大分鎮火したものの、1000エーカー以上の焼失があった。

ほとんど火の手はあがっていない今日、23日の火曜日も、マカハ・バレー近辺では

霧に覆われたように、外が煙のため視界が悪くなっている。

 

 

私は昨日までこのマカハ・バレーの火事のニュースについては知らなかったんだけど

もし、このハワイでカリフォルニア級の山火事が起こったらどうなるんだろう?

とちと考えてしまった。

カリフォルニアでは、私の知ってる限り6つのカウンティが火事の被害に遭ってるわけだけど

この小さいハワイの島で、そこまでの大規模な火事があったら、皆どこに逃げればいいの?

道路はマンモス渋滞。そして、パニックに陥る人達。

本当に怖いね・・・

 

 

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-**-*-*-*-*-*-*-*

 

 

今日はこれから、長女のドクターズアポイントメントがある。

そして、時間差でジャイ子の担任との面談。

よりにもよって同じ日だなんて・・・

 

長女のアポイントメントは、今日は木曜日にある手術に向けての最終検査

執刀医麻酔医から、色々手術に関しての手順や注意などの説明を受けるため。

 

いよいよ明後日が手術の日なわけで、心臓がバクバクしてしまう。

 

 

 

 

 

20071023071902.jpg

さて、ここのところ恒例となった「今日の晩ご飯」。

ブログのネタが少ないため、写真でごまかしているという噂・・・

 

「今日」ではなく「昨日」の晩ご飯は、まずコレ。

豚の生姜焼き。

濃い味好みの我が家なんだけど、ちと普段より薄めの味付けにして、その分、4時間ぐらい漬け込んでおいた。

 

丁度いいお味でしたわ。 

 

 

 


20071023071908.jpg

そしてコレ。

 

茹でオクラの胡麻和え。

 

このネットリがたまらない♪

たぶん私以外は誰も食べないかなぁって思ったんだけど、B吉も長女もオクラ好きなので、バクバク食べていた。

 

 

 


20071023071913.jpg

コレは

 

茹でアスパラガスの酢味噌和え。

 

これも皆よく食べてたなぁ。

なんてったって、ジャイ子が驚くほど食べていた。

おりこう、おりこう!!

 

 

テーマはね。

野菜茹でて、とりあえず和えとけって路線で・・・ (笑)

 

 

 

 


20071023071919.jpg夕食を食べ終わったのが5時半過ぎ、と早かったので

夜ゆっくり時間があって嬉しい。

 

嬉しいついでに、調子に乗って、ダブルチョコ蒸しパンなんて作ったら、まんまと材料のサラダオイルを入れるの忘れて、シットリ感のない蒸しパンに・・・

 

ま、ノンオイルってことでダイエットにはいいはず。

あ、これにはおからは入ってないのであしからず。

 

それではこれから支度して、長女を迎えに行ってきやしっ!!

 


     海外ブログランキングの応援お願いします。ここをポチリと♪  にほんブログ村 海外生活ブログへ


                            FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。