|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2012/09/22 |     ニイハウ島に沈むサンセット @ カウアイ島   
DSC_3822.jpg

ケハカ・ビーチパークに車を停めてビーチをブラブラ。
ここからサンセットを拝みます。



DSC_3823.jpg

ビーチは風が強くて寒かったです。
上着を持ってなかったのでサンセットまでの時間、無駄に動き回って体を温めてました。



DSC_3826.jpg

夫婦の足跡。
B吉君の足に比べると、私の扁平足っぷりが顕著に表れてますね。
悲しい現実をしっかり受け止めました。
ついでなので告白しますが、外反母趾でもあります。
おしゃれな靴はみんな先が細く尖ってるから痛くて履けません。



DSC_3833.jpg

ビーチではホースライドしている人達も。
なんかいいな〜。私もさっきの子馬(前記事参照)を連れてこようかしら、なんて思ったり。



DSC_3832a.jpg

カウアイ島の西に位置するこのビーチからは太陽がニイハウ島に沈んでいく姿を見ることができます。
この時点で18:23。
海の向こうのニイハウ島、分かります?

*ニイハウ島* ロビンソン一家が所有するプライベート・アイランド

1864年にエリザベス・シンクレア夫人が、カメハメハ5世からピアノ1台と 1万ドルで、島民を含めて島を買い取ります。
でも実はこのエリザベス・シンクレア夫人は、その後ニイハウ島を出てカウアイ島に移り住んでいるんですね。
ただ、ニイハウ島には牧場を残して、島の人々の生活一切の面倒を見続けたそうです。
ニイハウ島はその後1915年に、エリザベスの子孫オーブリー・ロビンソン氏により島への出入り禁止が開始。
島への上陸はロビンソン家の許可を受けなければならず、島民であっても島を出るには許可をもらう必要があったそうです。
そんなニイハウ島は、ロビンソン家と彼らに仕える日系人の子孫以外は全員が純粋なハワイアン。
今でもハワイ語を使用して、古来からの伝統的な生活を送っています。
現在では島民が他の島に訪問するのは許されているそうですね。
そしてロビンソン家主催のニイハウ島ツアーもありますが、行けるのは島の一部のビーチと、あとはヘリコプターで上空からニイハウ島を観て回るんだそうで、島民との一切の接触は禁止な上、島民の暮らしぶりを見ることも出来ないそうです。
それ以外は、ロビンソン家から島への招待を受けない限りはニイハウ島に足を踏み入れることは出来ません。



DSC_3840a.jpg

先程から10分後の18:33。
ニイハウ島のちょっぴり上に太陽が位置してます。



DSC_3841a.jpg

そして1分後にはすでに太陽の下部分がニイハウ島に隠れ始めました。(18:34)



DSC_3843a.jpg

そのまた1分後。(18:35)
すでに半分隠れてしまっています。



DSC_3844a.jpg

アングルを変えるとこんな感じ。
写真右の方にちょっぴりレフア島も見えますよね。
レフア島はニイハウ島の先にある小さな島です。
ま、簡単に言えば猿島です。(ふっ)



DSC_3847a.jpg

とよそ見をしている間にサンセットはどんどん進みます。
もうてっぺんだけしか見えてません。(18:36:19)



DSC_3849a.jpg

これが限界か。(18:36:39)



DSC_3850a.jpg

そして完全にニイハウ島に沈んでしまいました。(18:36:44)
もう秒ごとに沈んでしまうんですよね。



DSC_3851.jpg

知り合いにニイハウ島出身の人がいます。
彼は「自分はニイハウ島で生まれ育ったが島を出てしまった。また島に戻って住むことはできない。」と言っていました。
そんな彼は、ニイハウ島での暮らしを懐かしそうに話します。

実はロビンソン一家が所有するのはニイハウ島だけではないんですね。
このカウアイ島南部の15%も所有しているんだそうです。
そしてワイメア・キャニオン東部の山の頂上にロビンソン一家直系の子孫が住んでいるんだとか。

ニイハウ島に沈む夕陽、素敵でした。
オアフにいるとサンセットの時間帯って中々ゆっくりと出来ないので、こうして夫婦揃ってじっくりと見ることが出来て本当に良かったと思います。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
スポンサーサイト
 |2012/09/21 |     ウエスト・ドライブ @ カウアイ島   


プールサイドのバーで14ドルのマイタイに驚愕した私達。
このあとも出かけるつもりだったので、ドライバーのB吉君はビールを一口飲んだあと「まだ運転するから飲んじゃダメなんだ!」と気付き、残念ながらまだボトルにたっぷり残るビールはB吉の腕から私の前へ。
やっぱりビールは中生だよね〜。ボトルのビールは苦手です。
特にサミュエル・アダムスは好みじゃないんですよね。
半分まで頑張りましたがギブアップ。8ドルなのに。。。お腹タプタプです。



DSC_3776.jpg

ツリートンネルを通り、ポイプの街から西へ向かいます。
この道、カウアイ島滞在中に何回通ったことでしょう。



DSC_3778.jpg

コロアロードからカウムアリイ・ハイウェイへと車を走らせると右手に見えてくるこんな景色。
カウアイ島と言えばワイメア・キャニオンが有名ですが、ここからもキャニオンの一部を見ることが出来ます。
でも写真で見るとあまりその迫力が伝わりませんね。



DSC_3780.jpg

オアフ島には西と東を結ぶH1、南と北を結ぶH2、そして山をぶっちぎって東へ行くH3が通っていますが、カウアイ島にはH2やH3的な道路がないんですね。
自然がそのまま残っているカウアイ島。
のどかで田舎好きな夫婦には最高です。



DSC_3791.jpg

Barking Sands Missile Range Facility (ミサイル試射場)近くにあったヒマワリ畑。
完全にピークは終わってる状態です。
これ、満開だったらさぞかし綺麗なんでしょうね。



DSC_3795.jpg

でも種をぎゅうぎゅうにつめた頭をたらしているヒマワリ畑も雰囲気があって素敵でした。
夏の終わりのセンチメンタルな感じじゃないですか?
2月でしたけど。



DSC_3797.jpg

この辺まで来ると道路はずっとこんな感じです。
すれ違う車も途端に少なくなりました。
で、快適にドライブしていたところに・・・



DSC_3802.jpg

馬発見!
道路脇にロープで繋がれ、側には水が置いてあります。
体もまだ小さいこの子は道端で一匹、もくもくと草を食べていました。



DSC_3801.jpg

近寄ってみると怖がる素振りは見せません。
人間にかなり慣れている感じ。
その辺の草を抜いてあげてみると、なんのためらいもなくむしゃむしゃ食べます。
もしかしたら、こうすることによって道路脇の雑草を食べてくれるから草刈りの手間が省ける?
夕方になったら持ち主が迎えにくるのかな〜。



DSC_3808.jpg

されるがままで大人しくて可愛いんです。
夫婦揃ってムツゴロウさん状態になってしまいました。



DSC_3812.jpg

大丈夫?
一人で寂しくない?
帰りにまた遊ぼうね。
と、この場所をあとにしたのでした。


応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
 |2012/09/15 |     グランド・ハイアット・カウアイ @ カウアイ島   

DSC_4096.jpg

ポイプという街にあるグランド ハイアット カウアイ リゾート アンド スパ
朝カウアイ島に到着してからチェックインの時間まで約7時間。
ようやくホテルにチェックインです。

ここのホテルはポイプのビーチに面していて、ゲストルームは全602室。
私達はあまり宿泊施設にこだわらず、清潔な部屋で寝れればいいのでホテルに多くは望みません。
ホテル探しの条件としては「フリーwifiがある」ことと「フリーパーキングがある」ことぐらい。(笑)
あとB吉は背が190cm以上あるので、ベッドはキングサイズ希望、まぁクィーンサイズでも可、という感じ。



DSC_3764.jpg

ロビーにあった雰囲気ある電話。
ちゃんと使えます。



DSC_3739.jpg

ロビーから見た外の景色。
ワイキキのロイヤル・ハワイアンのロビーにもこんな感じのポイントがありますよね。



DSC_3750.jpg

庭にある池にはなんと黒鳥が。
人間からエサをもらい慣れているため、人間を見ると近づいてきます。
ごめん、エサ持ってないよ。



DSC_3703.jpg

こちらが私達が3泊お世話になったお部屋。
グラウンドフロアだったので便利でした。
いちいちエレベーターとか面倒くさいじゃないですか。
グランドフロアとは言っても、土地が傾斜しているのか、ラナイに出てみると高さ的に3階ぐらいの感覚でした。



DSC_3707.jpg

ラナイからの景色。
朝と夜しかいない部屋なのでガーデンビューで予約を入れておきました。
でもこれパーシャル・オーシャンビューですよね。
ラナイは広くはありませんが、やっぱり景色は気持ち良かった。



DSC_3719.jpg

コーヒーを飲まないと1日が始まらない私。
ちゃんとコーヒーメーカーがあるのを確認。



DSC_3709.jpg

シャワールームはこんな感じ。
でもシャワーヘッドが上下可動式のもので、しかも水圧抜群。
水圧上げすぎると痛いぐらいでした。



DSC_3712.jpg

アメニティ一式。
こだわりがない夫婦なのでこれで全然十分です。



DSC_3715.jpg

バスローブ。
中々着心地がいい生地でした。



DSC_3710.jpg

バスルームの鏡に写った私。



DSC_3751.jpg

ホテル内にある休憩エリア。
この奥にスティーブンソンズ・ライブラリーというバー&ラウンジがあります。
ハンドクラフトのコアウッドのバーカウンターがあり、夜はライブミュージックが流れていて中々いい雰囲気です。



DSC_3758.jpg

中庭に出てみました。
まぁ、よくある風景ですよね。



DSC_3754.jpg

中庭の上から下を見た写真。
一番下にはプールになっています。



DSC_3755.jpg

プール脇にバー発見。(Captain's Bar)
ということは・・・?



DSC_3763.jpg

こういうことですよね、もちろん。
まぁ、お約束なんで。



IMG_1971.jpg

いちいち値段を確認しない夫婦。
レシートを見てたまげました。
このビールが8ドル。
そしてマイタイがなななんと!驚愕の14ドル。
シェラトン・ワイキキのラムファイアーでさえ9ドル50セントなのに。
恐ろしや!!



DSC_3745.jpg

ホテルの中での飲食には要注意!ということを黒鳥を眺めながら肝に銘じた夫婦だったのでした。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
 |2012/09/13 |     ツリートンネル @ カウアイ島    


DSC_3695b.jpg

カパアの街からポイプという街にあるホテルへ向かっている途中にあるこちら。
樹齢100年以上のユーカリ並木が約2km続き、”ツリートンネル”としてカウアイ島の観光マップにも載っています。
一説によると、人間の姿に変身したハワイの火の神ペレが走行している車を停めるだとか、大きくて真っ白い犬を連れて歩いているペレを見た、という話もあるそうで。
ペレが愛犬のお散歩?
車を停めたのはヒッチハイク?



DSC_3697c.jpg

木の隙間から見える空はどんよりしてますよね。
実はこれ、脇に車を停めて他の車が来ない隙を見て道路の真ん中で撮っています。
この時すでにポチポチと雨が降り始めていました。
そしてこの写真を撮った後にザザーーーッと大粒の雨が。
ふぅ。間一髪でした。


応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
 |2012/09/12 |     Pau Hana Bar & Grillとワイランド @ カウアイ島   
カウアイ島旅行記、ホテルチェックインに向けてガンガンいきましょう。

DSC_3676a.jpg

キラウエア・ポイント → キリスト・メモリアル・英国国教会と見たあとは、またカウアイ島を南下しました。
そういえばランチまだだったね、ということになり適当に車を停めたカウアイ・ヴィレッジ・ショッピング・センター。
カパアという街になります。
時刻は午後1時20分。うん。腹時計は正確なのでした。
ところであのクジラ、ワイランドですよね。



DSC_3692.jpg

たまたま目に入ったこちら、パウ・ハナ・バー&グリル。
多くは望みません。
取りあえず何か食べたいだけ。



DSC_3678.jpg

店内はま〜ったりとした雰囲気が流れていました。
3連休土曜日のランチ過ぎという時間帯でこののんびり感。
ワイキキでは絶対に味わえませんな。
店員の方も皆フレンドリーで、「あら、適当に入ったのにいい感じじゃない?」なんて思って上を見上げると・・・



DSC_3684.jpg

天井にはお札が!



DSC_3680.jpg

そして私が寄っかかっている壁になんか書いてある、と思ってよく見ると・・・
これって!!
ワイランドのサインがあるけど本当にワイランド?
ワイランドがさら〜〜とドルフィン描いちゃった?
2011ってことは去年だね。
サーバーのお姉さんに聞いたところ本物ですって。
まさが何気に座ったのにジャックポット・シートだったとはなんとラッキーな。



DSC_3681.jpg

そしてこちら、オーダーしたカラマリ。
クラストはサクサク。カラマリは柔らかくて美味しい。



DSC_3689.jpg

これはフィッシュ&チップス。
フィッシュがジューシーでもりもり食べれちゃいました。



DSC_3690.jpg

何も考えずにふらりと入ったお店ですが良かった〜〜〜。
お客さんもお店の方達も内装も、カウアイ島ののんびり感が表れていて最高に居心地が良かったです。
本当はビールでも飲みたかったんですけど、まだチェックインも済ませてないので自粛しました。

さて、そろそろホテルに向かいますかね。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。