|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2012/10/30 |     アンティ・リリコイとクック船長の街 ワイメア   

ボヤ〜っとしてるうちに10月も終わろうとしています。

私はと申しますと、土曜日の津波警報発令により子供達を連れて山の上に避難。
いやいや、我が家は避難をしなければならない地区ではないのですけれども、家で不安な夜を過ごすよりは山の上で安心していたいと思いまして、子供達、家にお泊りに来てた次女の友達2人、そして犬を連れて避難をしていた訳です。

実は今、我が家のHULKであるB吉君が不在なのですね。なので全ては私の手にかかっているのです。

ようやく避難警報も解かれまして家に帰ろうとしたのですが、エンジンがかからない!!
なんと!車のバッテリーがあがってしまったようなのです。ラジオとかちょっとしかつけてないのに。。。
夜中なのにお友達に避難先の山まで来てもらい、ジャンプしていただき家に帰ってきましたよ。
その節はお世話になりました。

翌日は日曜日のためリペアショップはお休み。
昨日の月曜の朝6時半のオープンと同時にリペアショップに行こうと、ガレージに行ってエンジンをかけてみると。。。OMG! かかりません。

車の保険にエマージェンシー・ロード・サービスというオプションを付けていたため、保険会社に電話をかけてけん引トラックをリクエスト。
無事にリペアショップまでけん引してもらったという武勇伝をここに記しておきたいと思います。

車も昨日のうちにバッテリー交換をしていただき、元気になって戻って参りました。
めでたしめでたし。

ということで長い前置きはこのくらいにして、いい加減カウアイ島紀行を進めたいと思います。



DSC_3909.jpg

カウアイ島2日目の朝ご飯のあとは、車をそのまま西へ走らせワイメアへ。
この辺りに車を停めます。




DSC_3907.jpg

訪れたのはこちら。
リリコイラバーの私はアンティ・リリコイのジャムやシロップが大好きなんです。(参照記事)
せっかくカウアイ島に来たのだから、実際にアンティ・リリコイのお店に行ってアンティに会ってみたいじゃないですか。



DSC_3895.jpg

これだけ見るとジャムのお店という感じはしないですよね。
しかも人いないし。
アンティはどこ?

と言ってもアンティ・リリコイのオーナーはLori Cardenasという名前があるのですけどね。
しかもアンティ・リリコイという会社はもともとは違う方が始められ、ローリーさんが会社を買って今のように大きくしたのだとか。
まぁそんな裏話はどうでもいいのです。

しばらくすると奥から一人の若い女性が出てきました。
話を聞くと彼女はアンティ・リリコイ、じゃなくってローリーさんの姪っ子さん。
ローリーさんはこの日は用事があって店にはいらっしゃいませんでした。



DSC_3896.jpg

もっと店内にずら〜〜っと商品一覧が置いてあるのかと思ったのですが意外とこじんまりと控えめにありました。
どちらかと言うとオンラインでの販売や、カウアイ島外のショップへ卸しているからでしょうか。



DSC_3897.jpg

でもこの艶々のボトルやジャー達を見ていると「ここからここまで下さい」と言いたくなってしまいます。
パッションフルーツ(リリコイ)パラダイス!
幸せ気分いっぱいでした。



DSC_3899.jpg

これらのシロップやジャムは料理に使っても素晴らしい隠し味になるのですよ。
私はよく、ハンバーグのソースを作る時にソースの材料と一緒にジャムまたはシロップを入れて煮詰めます。
すると奥行きのある深い味に仕上がるのです。



DSC_3902.jpg

甘み系だけではなくスパイスも様々な種類がありました。
写真ではよく分からないと思いますが、ブラックラヴァとか、パイナップルなんとかとか、グアバなんとかとかね。
自分の写真ながら私にも読めません。



DSC_3904.jpg


一押しのパッションフルーツ・ワサビマスタード。
こちらの製品はカリフォルニア州のナパで開催される、その名も「世界マスタードコンテスト」でグランドチャンピオン を獲得したんです。
フルーティな香り、なのにほんのりワサビ。
これ、大げさじゃなく絶品ですよ。



DSC_3905.jpg

ここで会社の女子達にお土産を購入。
我が家用にも数個買ったりして鼻の穴を膨らませながら店を出ました。

Aunty Lilikoi
9875 Waimea Road, Waimea, Kauai, Hawaii 96796
(808)338-1296
866-LILIKOI (545-4564) (toll free)



DSC_3894.jpg

お店の前には小さな公園があり、そちらにはあの有名な彼の銅像が。
ハワイと言えば。。。キャプテン・クックですよね。
キャプテン・クックが1778年1月に初めてハワイに上陸したのが、ここカウアイ島のワイメアなんだそうです。
当時は帆船で航海をしていたので、それを見た現地の人々は彼らが信仰する神「ロノ」の再来と信じてクック一同を大歓迎したと言われています。



DSC_3887.jpg

動かないキャプテン・クックのお隣に、動き回って色々ポーズをとっているキャプテン・クックが。
かなりおじいちゃんみたいだけど、キャプテン・クックってimmortal?



DSC_3910.jpg

この時期(2/18〜2/25)は丁度、第35回ワイメアタウン・セレブレーションウィークだったのですが、その一環の催しだったのでしょうかね。
マイクで何かしゃべっておられますが、何しろ置いてあるスピーカーが小さいため聞き取れません。
私はともかく、B吉君でさえクック船長が何をおっしゃってたのか理解できなかったほどです。



DSC_3912.jpg

そしてまた車は西を目指すのでした。
まだまだ序の口。このあともカウアイ島紀行続きます。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
スポンサーサイト
 |2012/10/19 |     GRINDS CAFE    

うーん。中々カウアイ島の記事が進みませんよ。
完全に飽きてるだろうって感じがバレバレですね。
だって、写真が多すぎなんですもの。
でも夫婦の思い出のためと記録のためにめげずに頑張ります。



DSC_3882.jpg

さてカウアイ島2日目の朝を迎えました。
って、まだ2日目。。。
確かカウアイ島には3泊してますからまだまだ先は長いです。
やってきたのは、前日の夕方にドライブした時に目を付けておいたこちらのカフェ。
ホテルがあるポイプの街から西へ進み、Eleele(エレエレ)という街の一角にあるグラインズカフェです。



DSC_3857.jpg

記録を見ると、上の写真を撮ったのが日曜日の朝9時50分。
店内は8割型埋まっていました。
客層は90%がロコ、残り10%がメインランドからのツーリストといった感じ。
いや、メインランドからかどうかは知りませんけどもなんとなくそんな雰囲気でした。

取りあえずコーヒーを頼んでからゆっくりとメニューを吟味。



DSC_3861.jpg

店内の奥にはボリュームたっぷりのペイストリーがありました。
私達夫婦は甘党ですから、見た目激甘〜なものでも食べれちゃいます。
でもペイストリーではなく普通のブレックファストをオーダーしました。
ガッツリいきたかったんですもの。



DSC_3867.jpg

こちらB吉君がオーダーしたGrinds Hash(グラインズハッシュ)。
2個のエッグはサニーサイドアップに。
その下はお手製のハッシュ、イモ料理ですね。



DSC_3873.jpg

炭水化物ラバーの私はフレンチトースト。
これ、写真だと3つに見えますけど、実際は4枚あります。
見事なサイズ。



DSC_3876.jpg

バターを乗せて、粉砂糖たっぷりの上に更にシロップ。
これ一皿で成人女性が1日に必要なカロリーを余裕で上回っているんじゃないでしょうか。
でもそんなことは考えないで完食です。



DSC_3880.jpg

あまりにお腹がすいていたのか、店内の写真を撮ってませんでした。
まぁでも普通のダイナーという感じの雰囲気。
サーバーの方達は皆とても元気が良くて、コーヒーも飲み干す前にどんどんついでくれます。
結構お腹ちゃぷんちゃぷんになりました。

GRINDS CAFE
4469 Waialo Road, Eleele, HI
(808) 335-6027
5:30am - 9pm

さて、お腹も満たされたのでアクティブに島内を走り回ります。
ということでまだまだ続くのでした。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
 |2012/10/09 |     紅茶カフェ@The Tea Farm Cafe   

今日はカウアイ島ではなくホノルルの記事に戻ります。
決して飽きたんじゃないですよ。
ちょっと気分転換に。



R1020102.jpg

サウスキングストリートにあるThe Tea Farm Cafe。
紅茶専門のカフェです。
場所はユニバーシティーアベニューとサウスキングストリートのコーナー。
ほら、ニジヤがあるところ。
またはいやすめ亭や幸の鳥の手前。



R1020092.jpg

店内はとてもすっきりした印象です。
壁のペイントが可愛い。

このThe Tea Farm Cafeは2005年にオンラインで様々なティーリーフの販売を開始しました。
ここにカフェをオープンしたのは2011年の2月。
何度も前を通ってるのに全然気が付きませんでしたよ。



IMG_3495.jpg

こちらはサンプルティーリーフです。
緑茶は日本から。ブラックティーはインドから。
ルイボスティーやハニーブッシュティーは南アフリカ。カモミールティーはエジプト。
ウーロン茶やホワイトティー、プーアル茶は中国から輸入をしているそう。
もちろん全て蓋を開けて実際に香りを嗅ぐことができます。



R1020083.jpg

オーダーはカップ($2.95)とポット($5.45)から選べます。
写真はカップ。手前がアールグレイ。奥がストロベリーティーです。
まぁ、見た目同じなんですけど。
でも香りは全然違います。
私はアールグレイが大好きなのですが、このアールグレイは今まで飲んだ中でも断トツに香りが強い。
一口飲むとベルガモットの香りが口の中に広がって、それが鼻を抜けていくんです。
シュガーもミルクもいりません。ストレートティーで楽しみます。
メニューはこちらから。



R1020091.jpg

写真はクロワッサンにスモークドサーモン&クリームチーズ。
これにカップ・オブ・ティーがついてセットで$7.25となっております。
これがシンプルだけど本当に美味しかった!
トーストされたクロワッサンがパリパリで、口の中でバターがジュ〜って出てきます。
それにクリームチーズとスモークドサーモンの組み合わせですからね。
間違いありません。



R1020096.jpg

こちらはチキンシーザーサラダ。
これもカップ・オブ・ティーとセットで$7.25です。
これはまぁ普通でした。サラダだし。



R1020069.jpg

私達が行った時は他のお客は男性1人女性1人しかおらず、それぞれラップトップをしていましたからとても静か。
店内に流れる音楽も大きすぎず、本当に心地よいスペースで紅茶を楽しむことができました。
その後入ってきたお客も皆おひとり様でしたので、この静寂が破られることもなく。
雰囲気に影響されてか、私の写真も食べ物以外はクロスプロセスモードやブリーチバイパスモードで撮ってます。



R1020071.jpg

これが午後とかだったらまた違う雰囲気なんでしょうね。
UHが近いから、学生達で溢れたりするのかな。
でも学生って紅茶飲む?飲むか。



R1020070.jpg

店員さんもとてもフレンドリーで、親切にティーの説明をしてくれました。
行く前に電話でパーキングのことなんかも聞いたんですけど、パックスアレー(Puck's Alley)のパーキングが使えます。
パーキングゲートが閉まっている時はチケットをもらうとバリデートしてくれます。

The Tea Farm Cafe
2600 South King Street #106(Puck's Alley)
Honolulu, HI 96826
(808)945-2679
日-金 9am-10pm
土 10am-10pm
wifiあり(パスワードを教えてくれます)

ティーを飲みながら優雅に過ごすことが出来ました。
目の前がバス停ですから、人間ウォッチもしたりしてね。
ティーがお好きな方には是非お勧めです。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。