|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2013/11/05 |     フレッシュフラワーレイ   



IMG_6907.jpg

ハワイでは事あるごとにレイを贈ります。
レイは尊敬・愛情・信頼・歓迎・感謝等を意味し、お祝い事やお別れの時などはもちろん、神事行事でも捧げられますね。

レイはスーパーやドラッグストア、ABCストアにもありますし、空港でも販売しているので気付いた時にすぐ買えるのですが、今日は敢えてこちらのレイショップへ。
チャイナタウンのマウナケア・ストリートにありますCindy's Lei & Flower Shoppeです。
あ、関係ないですが今日のフォトは全てiphoneで撮ってます。



IMG_6903.jpg

店内に入ると目に入るのがこちら。
ずらっと色々な用途に併せたレイがございます。
この反対側にも同じ大きさの棚(?)があって、奥では忙しそうに電話に出たり、座ってレイを作るスタッフの方達が。



IMG_6901.jpg

このお金のレイは卒業式などでよく見かけます。
こちらの卒業式は卒業生が家族や親戚、友人達からたくさんのレイをかけてもらい、その上浮き輪なんかもレイと一緒に首にかけられるので、顎の上あたりまで埋まっちゃうんですよね。
お金レイの奥にあるオレンジ系、グリーン系は男性用。



IMG_6900.jpg

ドラッグストアなんかでは中々見かけないOha’i- Ali’iのレイ2種類。



IMG_6897.jpg

右上のレイはホワイト・エンジェル・オーキッドのレイ。
ウエディングでブライドに贈られるレイです。



IMG_6898.jpg

一番下のレイはククイとシーグレープのもの。
男性に贈られます。



IMG_6902.jpg

右がいい匂いのピカケのレイ。
この容器に入ったまま冷蔵庫に入れると、冷蔵庫全体がピカケの香りに包まれます。
プルメリアなどはともかく、このピカケのように小さなお花のレイは1つのレイを作るのに何百もの花が必要になる上にそれを1つ1つ糸に通す作業を考えると、もっとレイの値段を高くしてもいいのに、と思ってしまいます。



IMG_6905.jpg

ちょっと分かりづらいですが、これはまだ輪っかにしていない状態のレイ。
花を糸に通してあるだけです。



IMG_6904a.jpg

1950年代にバーバーショップにてレイやコサージュを販売していたアメリカ系チャイニーズのご主人と結婚したのがきっかけでレイ作りやクラフトを極めたCindyさん。
今ではチャイナタウンのシンディ’ズ・レイショップと言えば誰でも知っている有名店になりました。
首にかけるレイだけでなく、頭に冠のように載せるハク、そしてフラワーブーケやアレンジメントなどもありますし、オーダーも受け付けているので、用途に合わせて好みを聞き、素敵なレイを作ってくれます。

Cindy's Lei & Flower Shoppe
1034 Maunakea Street
Honolulu, HI 96817
info@cindysleishoppe.com
Fax (808) 536-0069
Toll Free (877) 536-0007
On Island (808) 536-6538

買ってきたレイ達はまた後ほど・・・

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


関連記事
 
/11/06/2013 
いよいよな感じだね。
Chubby>/11/07/2013 
ふぅ。
全て無事に完了。
涙・・・そして放心・・・
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。