|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2014/11/12 |     5才になる2日前に・・・   


今日は昨日起きた出来事を忘れないために記録しておきます。

昨日の明け方、明日で5才になる我が家のズーが痙攣を起こしてしまいました。
(お食事中の方は読まない方がいいかも)



IMG_0617.jpg

ここ数ヶ月、ズーは私達のベッドルームで寝ているのですが、その数ヶ月の間に5、6回ほど「グワッ、グワッ、グワッ」という、あの例の吐く前の前兆である腹の底から湧き出る音で目覚め、飛び起きてズーと一緒に1階まで急いで降りて行くということがありました。
そのうち数回は外に出るまでに間に合わず、カーペットの上で嘔吐しています。

昨日の明け方も「吐く前兆の音」で目覚めた私は、隣で寝ているB吉に「ズーが吐く!」と言うと飛び起きてズーと一緒に部屋を出て行ったB吉。B吉の「もうすぐ、もうすぐ」「もうちょっと!」とズーを励ます声が聞こえます。
といきなりバタバタとズーの走り回る音が聞こえたかと思うと、「どうした?ズー!」「そっちじゃないぞ」というB吉の声。
その後すぐに「ズー!!!どうしたんだ!?やめてくれ!いかないでくれ!」というB吉の叫びと泣き声が混ざったような声が聞こえました。



IMG_0620.jpg

その声に飛び起きた私。
ズーに何かよくないことが起こっている!
ベッドルームを出て階段を降りると、その階段の踊り場でズーが倒れています。
筋肉は硬直し、口はパクパクと動き、また大量の泡を吹いています。
手足はまるで泳いでいるかのようにバタバタと動き、おもらしもしています。
一瞬もうこれで終わりなのかと思いました。
B吉と泣きながら意識のないズーに声をかけます。
でも、ふと思い出したんです。
あ、これ見たことある!Youtubeで見たことある!これって痙攣だ!
パニックになっているB吉にそれを告げます。

そんな最中にジャイ子も起きてきました。
痙攣は1分ぐらいだったでしょうか。
肛門腺から分泌液も出ていたらしく、辺りにはきつい臭いが漂っています。
なんとか痙攣が治まったあと、ふらふらと起き上がるズー。
足元もふらついてきちんと立てません。
支えるB吉。
なんとなく混乱しているように見とれるズーの表情。
そのまま踊り場で脱糞。



IMG_0624.jpg

B吉がズーを抱えて下に降りて行きます。
そしてそのまま外へ連れて行きました。
私はすぐ踊り場の汚物の処理。
ジャイ子は「ここに吐いたみたい」と階段の一番上にある嘔吐物の処理をしてくれています。

しばらくするとB吉が「ちょっと来て」とガレージから呼んでいます。
ガレージに行くと、普通に歩いているズーが私を見ています。
まるで何事もなかったようにいつものズーがそこにいます。
薄明るい外に「今何時なのかな?」と時計を見てみると明け方5時40分ぐらいでした。
ベテランズデーで祝日だったのでB吉もジャイ子もお休みなんですね。
私はカーペットのクリーニングのためにまた階段踊り場へ戻りました。
B吉はしばらくズーの様子を見たあと、汚臭漂うズーの体を洗いました。

祝日ということで、行きつけのVetもお休みかも、という不安。
8時になるまで待ってからVetに電話してみると運良くドクターが電話に出ました。
なんと祝日にもかかわらずいつも通り8時半にオープンとのこと。
ズーの痙攣の件を話すとすぐ連れてくるように言われました。



IMG_0628.jpg

ジャイ子は朝9時にスクールジムに行かないといけないので、B吉だけがズーを連れて行きました。
私はカーペットの洗浄が終わった後、すぐに「犬・痙攣」でリサーチ。
特発性てんかんからくる痙攣のケース、脳腫瘍・脳炎など脳の異常からくるケース、血液の異常や内臓の異常からくるケース、低血糖や何かの中毒からくるケース等が原因だそうです。

B吉によると、ズーとベッドルームを出て急いで下に行った際、いきなりその場でクルクルと走り回り、全力疾走で2階に行ったかと思うとまた戻ってきて、また階段を登って踊り場でピンッと体をこわばらせたと思ったらそのまま倒れて痙攣が始まったそうです。

ネットでサーチしたところでズーの痙攣はなにがトリガーになったのかは分からないので、とにかくB吉の帰りを待つしかありません。
スケジュール通りにジャイ子をスクールジムに連れて行き、ジャイ子の用が済むまでジムのパーキングで待機していたところにB吉から電話がありました。

血液検査をして結果は明日でるらしいこと。
そのほか触診では異常は見られないこと。
バイタルも正常なこと。
ドクターの見解は、おそらくグワグワ状態が長く続いたために低酸素症を起こし、それが引き金になったのではないかと。
ズーは吐きやすい体質なのか、今までも嘔吐が原因でこのドクターに何度も診てもらっているのですが、今回も吐きどめの薬と、胃の粘膜をカバーする薬をもらいました。



IMG_0629.jpg

その後は本当にいつも通りのズー。
夕方にVetのアシスタントから血液検査の結果報告の電話がありました。
血小板の数値が少ない以外は異常がないということで、痙攣の原因も脳異常や内臓異常ではないということ。
血小板減少に関しては、リバーなどの鉄分を与えるというアドバイスをもらいました。

痙攣の原因は様々なので血液検査の結果が出るまでは色々ネガティブなことも考えてしまっていました。
とりあえずは異常が見られないということでひとまず安心。
でもまた何かがトリガーになって痙攣を起こすかもしれません。
実はこの記事を書いている最中も、ふとズーを見るとヨダレをタラタラ垂らしているので「やばい!」とすぐに外に出したところ嘔吐。
今朝食べたものが消化されずにそのまま出ていました。
胃の薬をもらっているのでまたしばらく様子見です。



zuu1.jpg

とにかくYoutubeで他の犬の痙攣の様子を見ていたとは言え、実際に目の前で自分の犬が痙攣を起こしているのを見るのは初めてだったので本当にパニックになりましたし、痙攣だということを分かるまでにしばらくかかりました。
もう2度とズーのあんな姿は見たくありません。
今思い出すだけでも涙が出てきてしまいます。

ズーが5才になる2日前に起きた出来事でした。

応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ


関連記事
 
涙/11/12/2014 
ずーさん!!!読んでいて涙でました。
のあさんもびっくりしましたよね。
本当になんでもありませんように、想っています!!

うちのお兄ちゃんワンコも同じようなことありました、体をさするしかできなくて、もしかして?!って思い怖かったです。。。
うちは、お腹が減りすぎても吐いたので、しばらくご飯を小分けにして2回を4回に増やしていました。
/11/13/2014 
突然の嘔吐と痙攣、本人はもちろん、皆さんがパニックになったお気持ちは十分すぎるほどわかります。。。

とにかく、オオゴトではないことを祈っております。

/11/13/2014 
ずーさんどうしたんだろう…辛いよね。痛いとか、苦しいとか、言ってくれないから…見守ることしかできないからね。
ラミーさん>/11/13/2014 
家中で大パニックでした。
あの痙攣している姿は本当に焦りますし、どうすることもできなくて途方に暮れます。
ラミーさんのブログを覗かせていただきました。
飼われているニャンコちゃん達可愛いですね。
マルコちゃんも調子がいいようでよかったです。
本当に彼らは言葉でここが痛いとか教えてくれないから・・・
苦しんだり痛がったりしている姿は見たくないですよね・・・
ちさん>/11/13/2014 
ズーのあんな姿、もう2度と見たくないよ。
獣医の言うように低酸素症だけが原因での痙攣ならまだいいんだけど
他になにか原因が潜んでるんじゃないかとかって考えちゃう。
nicoちゃん/11/20/2014 
nicoちゃん家のお兄ちゃんワンコも?
本当にあの姿を目の当たりにすると怖いしびっくりするよね。
うちはとにかく2回目がないように祈ってる。。
うん、祈るしか出来ないからね。
ズーもお腹空きすぎて吐くことあるよ。
犬って猫や他の動物と比べて吐きやすいんだって。
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。