|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2007/10/13 |     TYLER PERRY'S WHY DID I GET MARRIED   

どのカテゴリーにするか悩むのが面倒なので、今日は記事を2つもアップしちゃう。

 

 

 

今夜、夕食を食べ終わってから、B吉と2人で映画を見に行った。

そう。また映画ネタだよん。

 

 

長女とジャイ子はお留守番。

見たい映画がジャイ子向けじゃなかったし、長女が「自分がジャイ子見てるから、2人で行っておいでよ~。」と言ってくれたので、「ではお言葉に甘えて・・・」

 

 

 

 

 

20071013221531.jpg

見に行ったのはコレ。

 

 

『TYLER PERRY'S WHY DID I GET MARRIED』

 

ジャネット・ジャクソンも出演しているこの映画。

 

私はすっかり「ドラマ」のカテゴリーだと思ってたんだけど・・・・

 

 

 

 


20071013221553.jpg

さすがは Tyler Perry。

 

やってくれたよ。

 

 

はっきり言って、今まで映画館で見た映画の中で、これほどまでに「聞こえない」映画は初めて。

 

「聞こえない」と言ったのは、見てる客の笑い声がすごすぎて、シーンの会話が聞こえないの。

 

もう、笑う箇所が多すぎて、映画が聞こえない。

もう、爆笑に継ぐ爆笑。

可笑し過ぎて、笑いが中々止まらないから、次のシーンでも笑い声が続いてて映画が聞こえないという・・・

ってか、私もB吉も笑ってたけど。

 

"クスクス♪" とか "ふっ" といった類の笑いじゃなくて、もう皆"キャーキャー" "ヒャーヒャー" 爆笑してたから、騒がしい騒がしい。

 

これは、いわゆる普通の「コメディ」の笑いとはまた一味違った笑いで、「笑かそう」という魂胆見え見えの「笑い」じゃなくて、出演者のキャラが面白い上に、普通の生活にありそうな出来事をベースに、その中の会話で笑かしてくれる。

 

んー。上手く説明できん。

 

 

 


20071013221602.jpg

たぶん、日本ではTyler Perryってそんなに知られてないかもしれない。

『DIARY OF A MAD BLACK WOMAN』に代表される彼の作品は、笑いの中にも泣かせる部分があって、日常ありそうな出来事を、彼の世界観で描いてくれる。

 

そして、最後は必ずスカッとさせてくれる。

 

この『DIARY OF A MAD BLACK WOMAN』は映画版だけど、彼はもともと映画ではなく、アトランタを基盤に、舞台公演の脚本・演出・監督・出演をこなしていて、その中で映画化されたのが上の『DIARY OF・・・・』なんだよね。

 

 

 

 


MADEA.jpg

彼の「Ms. Medea」は最高だよね。

 

もー大好き♪

 

私もB吉も涙流して爆笑しちゃう。 

 

 

 


JOE.jpg

Medeaの兄弟で、同じく彼演じる「Joe」も、言うこと言うこといちいち下品で、もうB吉なんかヒーヒー笑ってる。

 画像は全てYahoo!moviesから

 

 

 

今日見た『WHY DID I GET MARRIED』には、MedeaもJoeも出演していないけど、とにかく「ドラマ」だと思っていた私にはいい意味での「裏切り」で、最高に笑える映画。

 

とか言いつつも、そこはTyler Perry。

泣くシーンも忘れてなくて、場内からシクシクすすり泣く声も聞こえたり。

かくゆう私も、涙がホロホロ・・・

そして最後はやっぱりスカッと。

 

見終わってから、すっごくスッキリして気持ちいい映画だった。

これ、ホント、すっごい良かった。

「Elizabeth」とどっち見ようか迷ったんだけど、こっち見てヨカッタァ!!

 


     いつもながら、ここをポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking


                 も1つオマケに、ポチリ  にほんブログ村 海外生活ブログへ

関連記事
 
/10/14/2007 
早速見に行ったのね~!私も早く見たいなっ♪Ms. Medea大好き!
この人の映画って面白いだけじゃなくてホロリとさせてそして最後は見てスッキリだよね。
私も以前ブログに同じような感想を書いたよ~(^-^*)
ブルーベリーさん>/10/14/2007 
見たよー♪♪ 腹の底から大爆笑だった。
Ms. Medeaは傑作だよね。私、彼の作品は舞台の方がアドリブたくさんで好きなんだけど、映画も味があるよねぇ。どの作品も、彼のメッセージを感じることが出来て、爆笑するのに、号泣するとこもある。
私、映画『DIARY OF…』で大号泣しました。
早くそっちでも上映されるといいね。
secret

trackback url
http://noahz.blog81.fc2.com/tb.php/183-fe21ae69

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。