|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2007/12/07 |     12月7日   

1941年12月7日。

 

 

今から66年前のこの日に、一体何が起きたか、ご存知だろうか?

 

 

 

 

 

 

 

20071207121909.jpg

12月6日木曜日。

 

子供達を連れて買い物へ行く途中、いつもはただのグリーンのフィールドが、一面星条旗で埋め尽くされていた。

 

整然と並べられた星条旗達は、気づかない方が無理、というぐらいに、それはそれは美しかった。 

 

助手席に座ってた長女が、カメラのシャッターを切る。

 

 

 

 

 

そして、買い物が済んでから、ちょっとこんなところへ寄ってみた。 

 

 


20071207122016.jpg 20071207122007.jpg

我が家のすぐ近所にある、アリゾナ・メモリアルパーク&ビジターセンターである。 

 

 

 

 

 

 


20071207122001.jpg 20071207122026.jpg

ここでは、USSアリゾナ-USSミズーリ-Pacific Aviation Museumへのツアーバスが出ているほか、潜水艦USS BowfinのMuseumも同じ敷地内にある。

 

 

 

 

 

 


20071207121955.jpg

車を停め、 星条旗が並べてあるフィールドまで、古い木の階段を昇り、ぬかるみの中を歩く私達3人。

 

もう夕方だったこともあり、いつもは観光客で溢れているこの場所も、閑散としていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、フィールドに辿り着いた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


20071207121931.jpg

目の前に広がるグリーンのフィールドに、たくさんの、たくさんの星条旗と、そしてハワイの州旗。

 

 

端の方では、旗を持ってフィールドに埋めている作業をしてる人達がいて、よって、これは

まだ仕上がり途中なのである。 

 

 

 

 

 

 

 

 


20071207121939.jpg

近づいて見てみると、1つ1つの旗の大きさがお分かりになるだろう。

 

 

そして、この旗1本1本には、1人1人違う名前のタグがついており、やはりこの旗達はただの旗ではない、ということが子供達にも分かったのである。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1941年12月7日。

午前7時55分。

 

 

 

オアフ島のパールハーバーは、大日本帝国による攻撃を受けた。

 

 

 

これにより、2388人が命を落とし、その中には900人の乗組員を乗せたまま海の底に沈んだ

USS アリゾナ、USS ユタ、 USS ウエストバージニア、USS テネシー、

USS メリーランド、USS カリフォルニア、USS ネバダ、USS ペンシルベニア、

USS オクラホマ、USS Oglaa、USS Cassin、USS Downes、USS Shawが被害を受けた。

 

その中には、後に引き上げられて修復された船もあれば、アリゾナ・ユタのように

そのまま海の中に眠っている船もある。

 

 

 

 

そして、フィールドの星条旗・ハワイ州旗は、このアタックにより亡くなった軍人を

1人1人の名前と共に、メモリアルとして掲げられていたのだった。

 

 

神妙な気持ちになった私達。

 

 

 

 

 

 

 


20071207122045.jpg   20071207122034.jpg

そして、フィールドから下り、しばらく、静かに暮れる夕陽を拝んだのだった。 

 

 

 

 

 

 

 

 


20071207122058.jpg 

湾の反対側には、USSミズーリ(写真左)と、海底に眠っているUSSアリゾナの上に建てられた

メモリアルが(写真中央より右側)夕陽に映えている。

 

 

 

そして、本日12月7日、ここパールハーバーでは、66年前の出来事である

パールハーバーアタックの記念式典が行われたのであった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

66年前のパールハーバーアタックにより沈んだ船の中に、USSオクラホマがある。

 

 

 

 

 

429名が中に閉じ込められたまま、ひっくり返って沈んだオクラホマは、後に引き上げられたものの、その後1947年5月、サンフランシスコへ引かれて行く途中、パールハーバーから540マイルのところで沈んでしまったのである。

 

 

 

 

 

 

USSオクラホマは当時、現在のUSSミズーリが停泊している場所(フォードアイランド)にあった。

 

 

しかし、真珠湾攻撃によって亡くなった429名の乗組員に対しての、そしてUSSオクラホマに対しての記念碑等は一切、フォードアイランドには存在しなかったのだ。

 

 

が、66年の時を経て、オクラホマが沈められた場所、要はUSSミズーリの手前に、ようやく建てられたのである。

 

 

 

 

 


20071208090842.jpg 20071208090855.jpg

今日、12月7日が、その記念碑のオープンセレモニーだった。

 

私はこれを、今日の夕方のニュースで知り、B吉と急いでその場所に駆けつけたのである。

 

 

 

 

 

 

 

 


20071208090918.jpg 20071208090926.jpg

この大理石で出来た1つ1つの石碑に、亡くなった429名の乗組員の名前が刻まれている。

 

 

 

 

 

 


20071208091428.jpg

そして、各列には、このように、生き残った者や著名人の言葉が石碑に刻まれている。

 

左の写真は、生き残ったオクラホマの乗組員、船のコックだったジョージ・ブラウン氏の言葉。

 

-考えられないほどの壮絶な現場であった。目の前の仲間を救うこともできないほどの。。。 

 


     海外ブログランキングの応援お願いします。ここをポチリと♪  にほんブログ村 海外生活ブログアメリカ情報へ


                         FC2ブログランキングもポチンとお願いします  FC2 Blog Ranking

関連記事
 
胸が痛むね!/12/08/2007 
私も昨夜真珠湾攻撃の映画をケーブルテレビで途中から見たんだけど、胸が痛くなりました。 若い多くの命を双方ともに失い言葉になりませんでしたが、そういうつらい過去があって現在があるのだから、同じ過ちを繰り返さないように、犠牲になった尊い命を無駄にしないように現代の私達の世代ががんばらないとね!!
敬虔な気持ちになったのはすっごくよく解ります。子供達にも過去を知らせ、語り継ぐ事はトテモ大事だと思います。(合掌)
やっちゃん>/12/09/2007 
ここに住んでると、毎日USSミズーリやUSSアリゾナの記念碑を見るからね。長女もヒストリーのクラスで詳しくリサーチしたりしてるから、過去にどんな出来事があったのかは知ってるし。ワンサイドからの話だけじゃなくて、Both sideの話が聞けるっていうのはいいことだと思う。
この海に沈んで消えていった命を忍びながら、3人で夕陽を眺めてました。
secret

trackback url
http://noahz.blog81.fc2.com/tb.php/219-c0616aea

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。