|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2007/04/11 |     え?手術???   

今朝、まだ少し腰とお腹に痛みがあると言いつつも、スクールへ行った長女。

9時半頃にB吉から電話があり、長女からB吉の携帯にテキスト(はい。メールですな。)
があって、腰とお腹がいたく、クラスに座っていられないと言っている、と言う。

今日はB吉が車を乗っていってしまったので、それを知ってる長女は
ちゃんとB吉に連絡をしていたのだ。

長女を迎えに行き、一旦家に戻ってきたB吉。
そのまままた、Emergency Roomへ長女を連れて行った。

 

 

私も一緒に行くつもりで、車に乗り込んだのだが、その時点ですでに10時半だったので
また数時間かかることを考えると、ジャイ子がスクールから帰ってくる頃に
誰も家にいない、というのでは困るので私は自宅待機ということに。

 

案の定、彼らが家に戻ってきたのは、夕方6時過ぎだった。。。。。

8時間近く!\(◎o◎)/!

 

今日は、昨日と違い、あらゆる検査をした長女。

昨日と同じ、尿検査にUltra Sound、そして血液検査にMRI。最終的にホルモン検査まで。

 

最初に疑われたのは「盲腸」だった。

しかし、Ultra Soundの結果、答えはNagative

 

ホッ。(・・;)

 

やはり、彼女の痛みは卵巣から来ていることが再確認された。

今日の検査の結果から言うと、彼女の卵巣は左右共に「Cyst - 嚢胞」が認められる。
手術の準備も万端整い、あとはArmy Colonalの婦人科専門医による
Final Answer待ち、という段階だったらしい。

最終的に、手術に伴うリスクを考え、今現在の段階で手術をする必要はない
という決断が下された。

例えば、嚢胞が大きくなると、卵巣がよじれてしまって激痛が走る。
その場合は、緊急手術が必要になってくる。
そして、最悪の結果、卵巣摘出、ということも免れない。
長女が子供が産めない体になってしまう!!

しかし、手術をしてもリスクは同じ。
腹腔鏡-Laparoscopyの手術とはいえ、もし卵巣を傷つけてしまったら?

ホルモン検査の結果、彼女のホルモンバランスが崩れていて
ホルモン分泌も過剰、ということが判明した。

今の段階では、彼女にホルモンのバランスをとるピルを処方し
6週間後にまた検査をして、その結果をみる、というもの。

 

私は、B吉からちょこちょこかかってくる電話連絡のたび
「これ聞いといて」「あれ聞いといて」と彼に指示をする。

なんせ、男だからねぇ。
女性系のことは分からないじゃない?

ピルに関しても

副作用は?
体重が増えたりする?
ニキビができたりは?
気持ち悪くなったりは?
それで痛みがなくなるんかぃ?(`Δ´)」

とB吉に「聞いといて!!!」と促す。

 

実は、先程、今日の経過を詳しく書いたのだが、ブログをアップする段階で
コンピューターがフリーズ!!!

もう、2度も同じことを書く気力は残ってないので、ちと簡潔に書いてある。

 

Colonalによると、卵巣のCystと言うのは、女性にはありがちなこと。
そして、長女のように、ホルモンバランスが崩れていると、(その上過剰だと)
生理が重くなり、それがまたCystを引き起こす。
ホルモンピルで、ホルモンバランスを正常にすることによって
卵巣の働きも正常に戻し、その間に嚢胞が小さくなる可能性もある。

ということらしい。

私は、なにしろ「Emergency Room」に行くと言うことは、痛みを我慢できないから
こそ行くんであって、長女の痛みを「Cure」してくれなきゃ意味がない!
とB吉に電話で演説。

しかし、痛みを「予防」することはできず、(本当か?) 痛くなったらTylenol
合言葉は変わらない。。。。
ピルだって、痛み止めじゃないんだから、飲んでするホルモンのバランスが
正常になって、痛みともサヨウナラ~ (^_^)/~ というわけにはいかないだろう。

でも、とにかく、また「様子見」で・・・・・

長女はもちろんだが、一緒にEmergency Roomに行ったB吉と共に
自宅で電話連絡待ち、のみの私もクタクタである。

 

また何か長女のことで変わったことがあったら、その都度報告をさせていただく。

関連記事
 
/04/12/2007 
なんだか心配だね! ホルモンのアンバランスでピルを飲んで全て解決出来る事を祈って
います。痛みには私は本当に弱いから、言葉もありません。今まで病気もしないであんなに大きく成長して反抗期で悩んでいたのに体のこととなると一番心配ですね。
心配/04/12/2007 
Nちゃんの心の成長も心配だけど体の方がもっと心配だね、無事に何事も無く良い結果が出る事を祈ってるね、自分達も痛いのは嫌だけど子供達が痛がるのを見るのはもっと辛いから、代われるものなら代わってあげたいよね、でもこう言う時こそオカンはおどおどせず大丈夫よって励ましてあげてね!
フレ~フレ~オカン!フレ~フレ~オトン!
やっちゃん>/04/12/2007 
また明日、Follow upのアポイントメントがあるんだ。だからスクールに迎えに行かないと。私は生理痛って経験がないからさ。腰痛のつらさは分かるけど、果たして立ってられないほどの腰痛ってどんなものなのか分からないし。Sharp painって言うの。刺されるような痛さだって。でも、最初「盲腸かも」って聞いたときは「またぁ?うそでしょー?」って思ったよ。ジャイ子に引き続き?ってね。次に卵巣嚢胞摘出手術って聞いたときは、なんか分からないけど涙がホロホロこぼれちゃった。結局今回は手術は逃れたけど、一番大切なのは、痛みをなくすことだから。今日はいつも通りスクールに行ったよ。しばらく、心配が続きそう・・・
kakoっち>/04/12/2007 
体のことが一番だからさぁ。こうなったら、反抗期なんてどーでいいわ。どんどん反抗してくれたまえ、ってもんだよ。長女は早産で2kgもない超未熟児で生まれた割には、その後大した病気もなかったからさ。本当に心配で、私はストレスのため、下痢です・・・キュルル~。。

まだ若いのにさ。卵巣に嚢胞なんて…。嚢胞が憎いよ!!私の卵巣に移動してくれればいいのにぃって思っちゃう。もう私は子供を産むこともないからね。(あったら怖いよ!)
secret

trackback url
http://noahz.blog81.fc2.com/tb.php/38-e12f34fe

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。