|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2009/03/08 |     自然の摂理   
今日はちょっと、お食事中の方はよした方がいいかもしれません。



朝起きて、リビングルームのブラインドを開けると、裏庭にネコがいました。

このネコ、どこのネコなのか分かりませんが、いつもフェンスの下の隙間から入って来て、我が家の裏庭を通り道にしてるんですね。

しかし今朝は、ちゃっかりしゃがみこんでいたのです。



見ると、ネコのすぐ側、フェンスの上に鳥が2匹とまっていました。


002_20090308162130.jpg


まさか、この鳥たちを狙っているのでは?

急いで窓を開けると、ネコはすばやく逃げていきました。

同時に、2匹の鳥達も飛んでいきました。


ヤレヤレ・・・ と、鳥たちの命を救ったつもりの私でしたが、ふとネコがしゃがみこんでいたところに視線を落とすと・・・


イヤ~~~~~ッ!!!!


まだ静まり返っている土曜の朝、私は一人、裏庭で悲鳴をあげました。



そこにはネコの忘れ物が・・・



ネコって本当に狩りをするのですね。

そして、それを食べるのですね。


私が見たものは、まだ小さい小鳥。

しかも、なんというか、食べかけでむごい姿になっていました。



もう心臓はバクバクでしたが、その小鳥をフェンスの外の木の根元に埋めたんです。


一段楽してから家の中に戻ると、さきほどいた2匹の鳥がまたフェンスの上にとまっていました。

よく見ると、1匹は口に餌らしき何かをくわえています。


005_20090308162154.jpg

もしかしてこれは親鳥なのでは?


私が写真を撮ろうとブラインドからカメラを向けると、逃げていってしまいました。


しかし、またしばらくすると戻ってくるのです。


004_20090308162142.jpg


今度はカメラを持って、裏庭で待機していると、また2匹がやってきました。

私は敵ではないと分かったのか、こうして目の前で写真を撮ることに成功したんですけど、このように、何度も何度も戻ってくるんですね。


006_20090308162203.jpg


しかも、毎回、違う餌をくわえているのです。(写真は全部同じ時に撮ったので同じ餌ですが)

その姿が切なくて・・・

繰り返し繰り返し戻ってくるのが悲しくて・・・



起きてきたB吉君にそのことを話すと、"それが自然の摂理なんだな・・・"と言っていましたが、なんだか、とても胸が詰まる思いがしました。

2時間ぐらいの間、飛んで行っては戻り、戻っては飛んで行きを繰り返していましたが、その後は来なくなりました。


今日の写真は急いでいたので、コンパクトデジカメです。


B吉君に"お願いだから、もうネコが入れないように、フェンスの下の隙間をふさいで!"と頼んだ私なのでした。


これを書いている時も、裏庭でニャーニャーと泣き声が。
見るとこれまた違うネコでした。
家の裏庭、ネコを誘う何かがあるのかも? と頭を悩ます私に応援クリックを!


人気blogランキング 北アメリカ情報へ←人気ブログランキング北アメリカ情報18位

にほんブログ村 海外生活ブログアメリカ情報へ←日本ブログ村海外生活アメリカ情報8位

FC2 Blog Ranking アメリカ・カナダ・ハワイ情報へ←FCブログランキング アメリカ・カナダ・ハワイ情報3位/国際結婚情報3位
関連記事
 
/03/08/2009 
裏庭の猫ちゃんは飼猫なんでしょう? 最近は鼠を取る事さえ忘れている猫が多いというのに、ハワイの猫殿は覚えているのかしらね?! 自然の摂理、自然界の出来事は残酷ですね! でも私たちも彼らから厳しさを学び、生きるすべを習得する事があると思う。
子を思う親はどの世界でも一緒で、ほほえましい反面厳しい現実にはっとさせられますね。せめて私たち人間界では思いやり、人の痛みを分かり合えることをモットーにしていきたいものですね!!
/03/08/2009 
noahさんビックリしたでしょう!?
親鳥の言葉を発しない行動が切ないですね・・・
うちも、子供がTVで鶏を絞めるシーンを見て「ヒドイ!」って言うので「今あなた達が食べてるチキン、ああやって締められたものよ」って話したりするのだけど、自然の摂理、生態系って、知らないところでは日常の事なのでしょうけれど、目の当たりにすると時に残酷ですよね。
ちゃんと埋めてあげたことが、人間にできる一番の弔いだったんじゃないかなぁ・・・
noahさん、頑張っていいことしましたねv-22
なんか偉そうにゴメンなさい。。。
/03/08/2009 
みんな生きるために一所懸命なのはわかるのですが…。
やっぱり猫より鳥をひいきしてしまいますよね。
本当にかわいそう。
我が家に巣を作るツバメも
ここ2年は卵をカラスにやられています。
カラスはとても賢いので一度味をしめると
毎年やってくるそうです。手ごわい…。
今年はしっかり傘でカバーしてあげたいと思います!
/03/08/2009 
親鳥、かわいいそうですね。
飼い猫なんでしょかね?
ノラだとすると、猫も生きていくのに必死なのでしょうね。
うちにも猫がいますが、目の前でスズメを捕まえたことがありました。
びっくりして、怒ったら離した隙に雀は逃げたので、やれやれでしたが・・・
ご飯もしこたま食べてるのに困ったものです。習性なのでしょうね。
うちのネコは食べたりはしなくて、捕ったことを見せに来るんですよ。
褒めてもらいたくて。
鈴付きの首輪をつけるようになって、連れてこなくなりましたが。
・・・・そんな時、犬の方がいいなぁって思ったりしてしまうんですよ(^_^;)
/03/08/2009 
生きて行く為の宿命と言うか、これが自然なんだけど
人ってやっぱ可愛そう~って思ってしまうんだよね。
こうして親鳥が小鳥に食べさせようと一生懸命とって来た餌を加えてる姿はやはり親を思う子への愛情がじんと伝わるね。猫は飼われていても本能と言うか野生で生きていける生き物だから、もしこの猫がどこかで飼われてるとしてもこうして無抵抗な小鳥やねずみをとって食べるんだと思うんだよね。友達の家ではゲッコーとかも普通に食べてしまうものね。その点犬は飼われてる犬ならなおさら野生として生きていくのは難しいって言うからね。
やっちゃん>/03/08/2009 
ここにはたぶん、まだノラネコはいないと思うから、どこかに飼われてるんだと思うんだよね。
でももしノラだったら、ネコだって食べていかないといけないし。
ただ、残骸を見ちゃって、その側に親鳥がいたから、ついつい"悲しい"気分になって、朝からどんより・・・
っていうか、何故うちの裏庭でお食事するかなぁ・・・
もう、自分(そのネコ)の臭いがついちゃってるのかもね。
私も子供達には"人の痛みを分かる"人間になってもらいたいな。
まっちゃさん>/03/08/2009 
もうビックリしたっていうか怖かった!
あの親鳥達、まるで子供を呼ぶようにキュッキュって鳴いてたんですよ。
裏庭のコンクリートには血と羽が残ってて、なんとも生々しかったです。
埋めてあげることしか出来ませんからね。ちょっと朝からヘビーな出来事でした。
私達が食べる肉は、牛も豚も鶏も、全部生きていたものなのに、キレイにスライスされてパックされてるのしか知りませんもんね。
まっちゃさんのお子さん達にも、中々想像できないことだと思います。
MONSTERAさん>/03/08/2009 
自然界のチェーンですよね。分かっていはいても、日常の中でそういう事実を急に目の前にすると、やっぱり後ずさりしてしまいます。
親鳥も見てしまったので、鳥の方に感情がいってしまいました。
ツバメも、カラスに卵を取られちゃうんですね。
カラスって本当に賢いそうですね。
今年は守ってあげてくださいね。
ただ、カラスも手ごわそうですね~。
Re: ロシアンクッキーさん>/03/08/2009 
> あの親鳥、あの後どうしたんでしょうかね。
> たぶん、ネコは飼い猫なんだと思います。
> 私も、飼い猫がネズミやら虫やらを捕ってきて、それを飼い主に見せるっていうのは聞いたことがあったんですけど、今回は食べてましたから・・・
> ネコの野生部分を見せつけられました。
> ロシアンさんのたらちゃんも雀を持ってきたことがあるんですね。
> 本能なんでしょうね、ネコにしてみたら。
> 確かに、犬はそういうことはないですよね。
Re: タイトルなし/03/08/2009 
ネコって、飼われていても"野生"の部分はなくさないんだね。
飼われている家で餌をもらっていても、やっぱり目の前に"獲物"がいたら捕るんだね。
私の疑問としては、"何故うちの裏庭なのか?"
あれさ。私がもっと起きるのが遅くて、ネコが全てたいらげてしまった後だったら、私ももちろん、そんな事実は気付かなかったと思うし。あ、でもやっぱ、少しは残骸があったかな。
犬って放し飼いにしないし、どこか行くときにはいつも飼い主と一緒だから、野生の部分ってなくしちゃうんだろうね。
/03/09/2009 
友達の家で、そこの猫がお庭のゲコを食べるのを目撃したときショックでした。
さっきまで「お~よしよし。」ってなでてた猫が憎たらしく見えて・・・
でも、猫にしてみたら自然なことなんですもんね。
そう思うのは人間の勝手なんでしょうね。
親鳥の姿がせつないです。
hauさん>/03/09/2009 
やっぱりネコは飼われていても野生の血が騒ぐんですね。
ネコっていくつもの顔があるっていいますけど、野生の顔は・・・見たくないかも。
って、これこそが人間の勝手なんですけど。
親鳥の姿、本当に心に響きました。
secret

trackback url
http://noahz.blog81.fc2.com/tb.php/473-18d3de87

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。