|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2012/11/29 |     カウアイ・コーヒー・カンパニー   
さぁ、勇気を出してカウアイ島旅行の続きに挑みましょうかね。



DSC_4024.jpg

中途半端に終わったワイメアキャニオンのあとは東へ進み、カラヘオにあるカウアイ・コーヒー・カンパニーへ。
なんとこちらはアメリカのコーヒー農場の中で最大の広さなんだとか。
それに伴って収穫高もアメリカ1なんですって。
へ〜、なんだか意外〜。



DSC_3968.jpg

車を停めたらまずはギフトショップへ。
元はサトウキビ農園だった農家の家を改造したんだとか。



DSC_3971.jpg

中はもちろんこちらで収穫された様々なコーヒー豆が。
自他ともに認めるコーヒーホリックな私。
家ではいつもPeets CoffeeのMajor Dickason's Blendを半端なく濃く入れて飲んでいます。



DSC_3970.jpg

コーヒー豆にフレーバーがついてるのも人気ですよね。
こういうものはジャケ買いをしてしまうと失敗しがち。
まぁ、コーヒー等をジャケ買いする人もいないとは思いますが。
きちんと試飲して確認してからね。



DSC_3976.jpg

出荷時にコーヒー豆を入れるこの袋も可愛い。



DSC_3980.jpg

店内では額に入れて飾ってあったりしました。
お土産にもいいかも?



DSC_3981.jpg

キャラクターのTシャツも置いています。
このおじさんだかおばさんだかよく分からないキャラクター。
よく見ると腕に mom とタトゥーがあります。
ってことはママを愛する息子ってことで男子と認定。



DSC_3979.jpg

というか、Big BraddahとはBig Brotherのことですからね。
大きく書いてあるじゃん!と自分につっこみ。
コーヒーカップを持つ手、小指が立っています。



DSC_3975.jpg

キャンディみたいなコーヒースクープ。
私はこれを数個購入。



DSC_3985.jpg

このギフトショップの中はコーヒーミュージアムにもなっていて、こんな大きなコーヒーミルがあったり、



DSC_3994.jpg

ローストするマシーン等があり、ガラス越しに見えるロースティング・ルームがあったりして楽しめます。



DSC_3996.jpg

ギフトショップを抜けるとそこは試飲コーナー。
かなりの種類のポットがありましたよ。
私達もここで数種類飲んでみて、気に入ったのを2種類購入。



DSC_3983.jpg

ティーパーティーならぬ、コーヒーパーティーみたくなっちゃってるご家族もいたりして、人間ウォッチングも多いに楽しませていただきました。



DSC_3984.jpg

コーヒーの試飲に飽きたら、こちらで他のドリンクをオーダーすることも出来ます。
でも皆さん試飲に夢中で、こちらで飲み物を買っている方はいませんでした。
ただ、ここでマフィンを買って、試飲のコーヒーでスナックタイムされている方はいましたけど。



DSC_4000.jpg

楽しい試飲コーナーの脇からはコーヒー農場へ行くことができます。
Self Guided Tourなので各自のペースで見学できます。



DSC_3997a.jpg

一面に広がるコーヒーの木。
そしてその向こうには海が見えます。



DSC_4003.jpg

サイドウォークにはこんなアート。



DSC_4010.jpg

ウォーキング・ツアーのコースには要所要所でこのようにコーヒーの収穫に使用される機械や施設が展示してあります。
これは実を収穫する機械。



DSC_4017.jpg

たわわに実っているコーヒーの実。



DSC_4002.jpg

サイドウォークに沿って歩いて数百メートルの短いルートですのでお散歩感覚。
陽射しは暑かったですけど、とても気持ちが良かったです。

カウアイコーヒーをたっぷり堪能した私達。
自分用のコーヒーもたくさん買って満足でした。


応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
関連記事
 
/11/29/2012 
そうか、まだ終ってなかったね(笑)
沢山の試飲でお腹一杯になりそう。コーヒースクープかわいいね。
Chubby>/11/29/2012 
ようやく2日目の半分(笑)。
年内に終わらすぞ!
コーヒースクープ、可愛いでしょ?
あれ?送んなかったっけ?
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。