|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2013/03/13 |     マカプウ・ライトハウス・トレイル   
IMG_4930.jpg

KA'IWI SCENIC SHORELINE
一般的にはマカプウ・ライトハウス・トレイルで知られていますよね。
雨が多いこの時期でも(ずーが)ドロドロにならないので、週末朝のずー散歩としてよく行っています。
まぁ皆さんも見飽きた景色だとは思いますがよろしくお付き合い下さい。
今日の写真もすべてiphone写真ですいません。



IMG_4925.jpg

マカプウトレイルはドッグ・フレンドリー。
でもご覧の通り、リーシュは必須。もちろん、このようなサインがなくても我が犬の落とし物はどこであろうが拾います。
でもね~、結構このマナーを守らない人が多いんですよ。
なんで平気でやりっぱなしに出来るのか理解に苦しみます。
自分の犬の汚物は飼い主の責任。
特に公共の場所はみんな気持ち良く過ごしたいですよね。
なので皆さん、気を抜いてたら踏みますよ。
しっかり足下を見ながら進んでいって下さい。



IMG_4932.jpg

この時期の日の出は7時前ですので、私達が歩き出す7時過ぎ(大体7時15分前後)にはすでに陽は昇っています。
でも方向的にトレイルのスタートラインは影になっていてまだ少し暗いんですね。



IMG_4931.jpg

それに、このところ結構な強風で、しかも出発時はまだ体が温まっていないので寒いんですよ。
5分後には暑くなって脱ぐと分かっていながらも、ついついジャケットを着てしまいます。
で、「あ、ペレの椅子」と思いながら登って行くわけです。



IMG_4934.jpg

ずーと一緒にたったか歩いて15分弱ぐらいでこの地点に到着します。
マカプウでは12月から4月の間はアラスカから渡って来たザトウクジラの優雅な姿が拝めることで有名ですよね。
でも私達が行く時間帯はまだ早過ぎるのか、双眼鏡やカメラを抱えて陣取っている人はあまり見かけません。



IMG_4952.jpg

サボテン群を右目に見ながらそのまま進むと・・・



IMG_4936.jpg

さきほどのサインから5分ぐらいでようやくマカプウ・ライトハウスが見えるポイントに到着。
スタート地点からゆっくり歩いても20分ぐらいかな?



ABC_3395.jpg

この写真は約1年前の2012年2月に撮影したのですが、この角度からは中々見ることが出来ないと思います。
普段はライトハウスへと続く道はクローズされているのですが、この時はラッキーなことにライトハウスまで歩けたんです。



ABC_3387.jpg

ハワイ大学のどこかの学部の撮影隊が入っていて、偶然その時一緒にいた私達を含め数グループは中に入ることが出来ました。
ゲートが開いていたのは恐らく40分ぐらいだったと思います。
そうか。この時のことはブログにアップしてなかったのか~。
気が向いた時にでも書いておこう。
(写真はライトハウスへと向かう小道を歩きつつ撮影)



IMG_4790.jpg

話がずれましたが・・・
先程の灯台が見えるポイントから歩くこと数分で展望台がある頂上です。
なんか画像真ん中に見覚えのある犬と飼い主がおりますが、それは気にせず~。



IMG_4947.jpg

展望台からだとこんなアングルで灯台が見えます。
あぁ、次はやっぱり一眼レフ持って行こう。



IMG_4946.jpg

ここからシーライフパークがあるマカプウビーチからカイルア方面まで見渡せます。
この写真はなんてったってiphoneで撮ってますから無理ですが、一眼+望遠レンズで撮ると、ちゃんとラニカイから見える例のモク・ルア・アイランズが綺麗に写り込むんですよ。



IMG_4949.jpg

こちらは”ラビットアイランド”のニックネームでお馴染みマナナ・アイランド。
手前にある小さな島は、カオヒカイプ・アイランド。
通称・タートル・アイランドです。



IMG_4789.jpg

展望台の反対側にはもっと上に登れるコースがあります。
ただこちらは岩と岩の間をよじ登ったりする部分もあるので、ちゃんとした靴を履いていた方がいいですね。
2010年にここを登ったときの記事はこちら


 
IMG_4953.jpg

さて下り道。
この前は何故か急に気が向いて、下り道を上から下のパーキングまで一気に走り降りてみました。
7分で下り切りましたよ。が!下り坂って足にかかる負担が半端ないじゃないですか。
その後2日間は壮絶なる筋肉痛に苦しみました。
もうヨボなんだから普段やり慣れてないこと急にやっちゃダメ。



IMG_4955.jpg

さて、このトレイルは舗装されているとは言うものの、コンクリートはボロボロ。
崖側は部分的に崩れ落ちている場所がかなりあります。
このようにホワイトラインで囲ってある部分は補正したばかりか、またはこれから崩れる危険があるかも、という印なんだと思います。
高所恐怖症に加えて落下恐怖症の私。
歩くのはいつでも内側。山側。
だっていつ崩れ落ちるか分からないですからね。

往復で2.5マイル、たったの4キロですから、サラ~ッと行って帰って来れてしまうこちらのトレイル。
ロコにもツーリストにも人気です。



IMG_4958.jpg

【おまけ】帰り道のずーさん。トレイルで私が普通に上り坂を歩いてる間、B吉はずーを連れて走って登っていくんです。
そしてまた私のところまで戻って来たかと思うとまた走って登る、を繰り返すためずーさんお疲れ。


応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ
関連記事
 
/03/14/2013 
どこをきりとってもキレイな景色だよね。毎週トレイル行ってるんだね。ずーさんがお疲れの様子でもB吉は元気なんだよね、きっと。
Chubby>/03/15/2013 
ここはトレイルと呼ぶには楽ちんすぎると思う〜。
本当は山のドロドロトレイルがいいんだけど、
その度にずー洗うのが面倒だし。(笑)
B吉元気だよ〜。身軽で妖精かってぐらい。
ずーは毎回お疲れだよ。
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。