|--/--/-- |     スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |2013/04/16 |     ハナウマベイの先端へ行ってみよう   




DSC_7968.jpg

はい。またハナウマベイ・ネイチャー・プリザーブ・トレイルに行ってきました。
しかも今回は負傷者が出ながらも、今まで出来なかったことにチャレンジしちゃいましたよ。
今までは行きたいと思いつつも私のヨボ老体のことを案じて、湾の下までは降りなかったのですが、なんかこの日はイケるような気分だったんです。



DSC_7999.jpg

お馴染みのゲート。
このトレイルの入り口ですね。



DSC_8085.jpg

いつものように順調に舗装されたコンクリート道を歩いて行きます。
まだトレイル開始直後はハナウマベイを全て見下ろせる程の標高ではありません。



DSC_8088.jpg

右手側はハワイカイ。その先にはダイアモンドヘッドにワイキキのビル群ですね。
ほぼ勾配がないトレイル開始直後ですが、あるポイントからいきなり勾配が急になるんです。
それが結構続くかな。(←ヨボの私感覚ですから、バリバリ健康体の方からすればどーってことないと思われます。)



DSC_8204.jpg

心拍数もあがり、もう太もも限界〜という辺りで道はまたしばらく平らになります。
その辺りにあるのがこの分かれ道。
ここをそのままコンクリート道を進んで行くと、2度目の急勾配に差し掛かり、やがて頂上にたどり着くわけですね。
以前、ここから赤土脇道に進みましたが、その先はものすごい下りの崖道だったので諦めてますよね。(参照記事)



DSC_8090.jpg

このトレイルから湾の先まで降りる主なルートは3つありまして、ここが一番最初に出会うルートです。
頂上を登りきって少し進んだところに2つ目のルート、そしてトレイル行き止まりにあるコミュミケーションタワーの前から降りて行くのが3つ目のルートです。



DSC_8093.jpg

まずB吉君が様子を見るために降りて行きます。
写真より実際の方がすごい急斜面。
しかも赤土やら小石やらがズルズル滑るんですよ。
スキーを履いたままゲレンデを降りる時のように横歩きで降りて行きます。
B吉君の判断は「君には無理!」でしたが、高所恐怖症のヨボ、その忠告を無視してソロリソロリと進んで行きます。



DSC_8097.jpg

いや〜、もうホントに怖かった!
これって言わばただの崖ですから。
それを高所恐怖症のヨボが降りて行くわけですよ。
私はなるべく雑草が生えているところを進んで行きました。
赤土のところは本当に滑るんです。
尻もちをつきながら滑って降りた方が、安全かつ早いかもしれません。
降りて来たところを見上げて撮った1枚。



hanauma_trail.jpg

これグーグルアースからの画像なんですけど、トレイルのルートがよく分かりますよね。
湾の先に降りる3本のルートが見えると思います。
私達が降りてるのがハナウマベイに一番近いルート。



DSC_8098.jpg

なんだかんだで急斜面の半分ぐらいを降りてきました。
ここまで来たらもう後戻り出来ません。
あまりの急斜面にずーさんも緊張してる顔をしてます。



DSC_8099.jpg

一歩一歩慎重に降りていきます。
この”降りる”って動作もかなり疲れるんですよね。
しかも横向きで降りてるのでかなりきついです。
足元はしっかりとトレイルシューズを履いているのですがそれでも滑ります。



DSC_8100.jpg

急斜面の下部分まであとちょっと。
いつも先を歩くB吉君。
なので必然的に写真に写り込んじゃいます。
で、ある程度の距離が離れたら、こうして私の到着を待ってくれています。



DSC_8103.jpg

ようやく急斜面の部分が終わり、傾斜はいきなりなだらかに。
脇道にそれてから急斜面の部分を下がり終わるまで、ヨボペースで30分以上かかってます。
でもそんな苦労もこれを見ると飛んじゃいます。



DSC_8112.jpg

ほら!
左側にハナウマベイ。
この日は前日から雷注意報や突発的洪水注意報等が出ていたのですが、ご覧の通りいいお天気!
風もいい具合に吹いていて、例によって酔っぱらいのように真っ赤になった私の顔に吹き付けます。



DSC_8116.jpg

降りて来た斜面。
ね?ほぼ崖でしょ?
無事に降りれたのはいいんですけど、私の心には霧がかかっていたんですよね。
だって、降りて来たってことは帰りは登らないといけないわけですよ。
いや〜、無理でしょ。
それが理由で今まで下には降りなかったわけですからね。
いっそのこと、ハナウマベイにジャンプして泳いで砂浜まで行くってのもオプションの1つとして考えていました。
他のオプションとしては、旦那の仕事で使っているボートを出動させ、湾の先っぽに迎えに来てもらう。
または、いっそのことここに住む、とかね。
B吉君には笑い飛ばされましたが、ハナウマベイにジャンプっていうのはかなり真剣に考えてました。



DSC_8113.jpg

でもこんな景色ですから、帰りのことはあとで考えましょう。
なだらかな道がしばらく続くと今度はまた上りが襲ってきます。



DSC_8123.jpg

これ、写真だと非常に分かりづらいですけど、B吉君のいる辺りから勾配がきつくなっています。
しかもすでに疲れてバテバテになっているヨボからすると、ものすごい砦に見えます。
もう足がフラフラになっているのに、ここをまた上って行かないといけないわけですね!



DSC_8125.jpg

左側はずっとこの景色。
本当に色が綺麗で見とれてしまいます。
珊瑚が水中に広がっている様子もクリアに見えますね。
近年では珊瑚礁の破壊が深刻になっていますが、現状維持、そして再生へと進んでいってもらいたいと強く願います。
とかって意識をハナウマベイに移そうとしたって、現実には私は上りの途中。



DSC_8124.jpg

ボコボコの岩山を上って行きます。
きついですけど、この一歩一歩がゴールに近づいてるわけですからね。
上って行くしかないわけです。



DSC_8128.jpg

今まで歩いて来た道を振り返ってみます。
コンクリートのトレイルを脇道にそれてから約45分が経過しています。
時刻は9時を回りました。



DSC_8127.jpg

この位置から見えるハナウマベイはこんな感じ。



bay2a.jpg

グーグルアースで言うと、白い丸から矢印の方向に向けて撮った写真になりますね。
湾の先端までもうちょっと!



DSC_8129.jpg

岩山を登り切ると見える景色。



DSC_8136.jpg

ここからはなだらかな下り坂になっています。
湾の先っぽが見えてきましたよ。
ゴールも見えて来て、ヨボエナジーがチャージされました。



DSC_8137.jpg

で、上の写真の左側に見える黄緑のエリア。
この写真を撮った時には全く知らなかったのですが、黄緑エリアに近づいたらあることを発見しました。



DSC_8138.jpg

ちなみにココから見えるハナウマベイはこんな感じ!
ということでかなり長くなってしまったので、ゴール直前ですが続きます。( 後半記事はこちら)


スクロールご苦労様でした。読んでくれてありがとう。
応援クリックの"ポチ"をしていただけるととても励みになります☆     人気ブログランキングへ     にほんブログ村 海外生活ブログ ハワイ情報へ



関連記事
 
/04/16/2013 
景色はすごくきれいだね。読んでるだけだけど、筋肉痛になりそう・・・でも一度は挑戦してみたいかも・・・どう思う?
/04/16/2013 
とっても大変な中、素敵な写真をいっぱいありがとう!絶対行ってみたいです。
最高~/04/16/2013 
やっぱここからの景色は格別!
登り下りは大変だけど、私は何度でも行きたいと思える場所の一つになったな~。
今度はランチもってあそこでランチを食べて帰ろう!って
思ってるし。(笑
Chubby>/04/17/2013 
もう景色は本当に最高だよ〜!
ただ、この景色を見るためには相当な体力が必要なわけで。
でも私でもなんとか無事に戻って来れたんだから(笑)大丈夫よ。
Chubbyは崖下りが危ないかも。転んだりしたら大変よ。
Mさん>/04/17/2013 
Mさんとは私の知っているMさんでしょうか?
写真はいつも選べず、ついつい多量になってしまいます。
多すぎ?スクロールさせすぎ?(笑)
ここはすっごく疲れるけど、本当に気持ち良いですよ〜!
Alohaさん>/04/17/2013 
Alohaさんの写真を見て私も降りてく決心がついたよ!
何度でも行きたいかって聞かれたらちょっと迷う。(笑)
そりゃ行きたいけど、B吉なしでは無理っす。
でもあの景色を見ながらランチも素敵だね。
おにぎりとかすごく美味しいと思う!
secret


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。